Top
イタリアはナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事その2
第2回目のマリオ・アクント社製 CLASSICO5設置現場。

以前の設置現場記事はコチラで紹介済み。

前回記事のあらましは、煙突を屋根に通すための、貫通工事。
わたくしが宮村の仕事の邪魔をしてると、多方面からお叱りを受けましたので、反省・・だけではなく改心しました。
(その後、頭を丸めました・・。今でも2~5日毎にカミソリを当てています。ハイ。)

さて、室内から天井を見上げたシーンはこの様変わり。
a0150573_12383257.jpg

御覧のように、貫通部品の周りはきれいに仕上がってきています。
店舗工事が着々と進んでいるんですね。

今回の工事は、外部煙突工事。
肝心のピザ窯は、現在、ナポリ⇒上海で日本向けのトランジット待ち。
よって、先行して屋根から上の外部煙突工事を先行しました。

まず、屋根に上がって以前取り付けた貫通部品のTOPの天板を外したのがこれ。
a0150573_12503654.jpg


次に、横風流入防止の煙突トップの取り付け。
a0150573_1254462.jpg


そして、煙突本体の取り付け。
宮村の新弟子さんが煙突を支えています。凛々しいですね。
a0150573_12562059.jpg


最後に、煙突を支える支柱を4方から取り付けて完成です。
これだけ頑丈に取り付けたら台風が来ても大丈夫です。
a0150573_12584272.jpg


今回の現場の一階部分はかなり天井が高く、ご覧の外部煙突の長さを足せば、
通常の二階建家屋に匹敵します。

その高さで、横引きがないストレート煙突なので「煙突効果」抜群でしょう。

ここで、今回は余談になりますが、宮村の新弟子をご紹介しましょう。
彼の名は、春輝(ハルキ)君。
年は二十歳!! わての娘と同世代。親子ほどの年の差です。
今回、ついにブログデビューです。皆さん大きな拍手をもってお迎えくださ~~い。(パチパチパチ)
a0150573_1362091.jpg

いや~初々しいですね。
ちょっとシャイな彼は頑張り屋さん。

彼の実家は、此花区四貫島商店街で古くから営業している「ふたば食堂」の
小せがれ、、いや、違った、御曹司。

私がまだ、権太くれの、鼻たらし小僧の時代からお世話になった食堂。
初めて叔母に連れて行ってもらって食べた「中華そば」の味が未だに忘れません。
(小学校時代やったかなぁ?いや、もっと前かも)

師、宮村曰く、飲み込みが早い、と。
ナポリでも後継の青年たちに会いましたが、ここ日本が誇る板金アーティスト宮村の元でも、
青年が成長しています。

心から頑張れと声援を送らずにはいられません。ハイ!
「がんばれ~~ぱるき~~」


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-04-28 13:27 | 実証・ピザ窯設置現場
<< 本邦初公開 | ページトップ | ナポリ一人歩き >>
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin