Top
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント ナポリ娘はシンガポールへ嫁ぐ 二日目打ち上げ編
やれやれ(ホッ)

無事にシンガポールの工事は完了!!

宮村の仕事は完ぺきでした。(オチカレ)

そんな宮村にも笑顔が!
a0150573_2015526.jpg


前日の追い込み工事の甲斐あって、本日は思いの他、早めに終わった。
そこで、ホテルに帰りひとっ風呂浴びて街に繰り出した♪
a0150573_2035224.jpg


へてから夜は打ち上げパーティちゅう段取り!

えらい高級店ばかり並ぶとこ・・・・!
出てきた料理がこれ♪

えび、海老、エビ、でんがなぁ!(ヒュ~~)
a0150573_2053893.jpg


よ~冷えたワインがこれ!
a0150573_2061281.jpg

う、うまぁ~~~!

今さっきまで泳いでた魚(ゴメンネ)
a0150573_2072115.jpg


プリプリやん♪
a0150573_2075149.jpg



カニ、蟹、かに♪
a0150573_2091196.jpg


へてから、オマール海老まるごと!!!
a0150573_2094754.jpg


ぽんぽん一杯、あ~~幸せ♪
みんなで記念撮影
a0150573_2010414.jpg


おまけで、店内の水槽
a0150573_20111474.jpg


いや~至れり尽くせりの御振る舞い(オオキニ、オオキニ)

今回の施主様、水谷様、ほんまにお世話になりました。
ここ、シンガポールで世界に発信でけるピッツェリア王国を、どうか、築いておくれやす。

わてら、ナポリ・ピザ窯共同組合はなんなと応援させて頂きます。

さて、ここで今回の初海外施工の旅を振り返ってみましょう。

出発前には万端の準備に余念がなかった・・・。
けど、工具も最小限度やったし、今回ほど周りの協力をありがたく感じた事はなかった。
なぜなら、日本では工事工程はあらかじめ決められ、滞りなく進む。
それが当たり前と思っていた節もあった。

でも、ところ変われば品変わる。
こっちの都合だけでは周りは動かない。

そんな意味でも施工前の打ち合わせが大事。
意思の疎通も海外では簡単ではない。

そんな中、突発的に言う我々のオーダーも現地職人は協力的に行ってくれた。

多分、オーナーの水谷様、タカ様の尽力があったに違いない。

ほんま、日本では大きな顔してやっていた事が、海外ではなんも通用せえへん。

謙虚に、また、謙虚に、そして、誠実にやるしかない事を再認識したなぁ。

今後、海外出張では手前の準備もさることながら、現地の方々とどれだけ意思疎通を図れるかが
勝負でんなぁ。

そう思えば、毎回、毎回、勉強させられる事ばかり。

これでええ、ちゅうもんはあらしまへん。

常に勉強や思うて、日々一歩前進の自分でありたい。

おしまい。


【編集後記】

今回の海外出張で本当に頑張ってくれた関係者一同様にお礼を言います。

なかでも、宮弟子の晴樹君。若干二十歳。
まだまだ半人前の彼やけど、それはそれは頑張った。

今時の青年と比べれば「大したやっちゃ」です。

宮村が次に必要とする、資材・道具を段取りよう渡さなあかんと思っていてもなかなか出来へん。
しかし、それを思って必死になる彼の横顔。

宮やイーから見れば息子の年齢。

どうしても可愛い。

けど、男一匹、独り立ちせなあかんので甘やかしてはあきまへん。

どうか、どうかぁ、パルキ!
宮を抜くまで頑張り通しておくんなはれ。

また、宮も自分以上の人材を育ててこそ師として存在します。

ほんま、はたから見ててまぶしい限りだす。

イー

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-11-08 20:25 | 実証・ピザ窯設置現場
<< マリオ・アクント設置店紹介 ピ... | ページトップ | ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マ... >>
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin