「ほっ」と。キャンペーン
Top
カテゴリ:ナポリピザ窯共同組合始動( 11 )
Top▲ |
旅を終えて
帰国後。

八日間のナポリ出張は無事終了となりました。

出国時にはどないなるやろかと一抹の不安もあったけど、終わってしまうと
そないに心配せんでよかった。

さて、今回の出張を振り返って思う事。
それは、陰の功労者であり、飛行機の長旅の地獄からわてを救ってくれはった優れもの
a0150573_4405443.jpg

実はわて、愛煙家。
成田・ローマ間の約13時間は正直きつい。
それを何の苦しみもなく、実に快適に過ごせた。
えらいもんでんなぁ。
これさえあれば少々の長旅でもOKでんがなぁ。
旅の友としてはなせまへん。


さらに、もう一つの旅の友。
それは、睡眠薬。

往きしなは、時差の事も考え、なるべく機内では寝ないで過ごしました。
長かったわぁ。

しかし、帰りは1錠。
映画一本みてすぐに飲みました。

さて、目を覚ましたら、なんと成田近辺。
はやっ!

イタリアまでこんなに早よ感じたん初めて。

さぁ。旅の総括はと言うと。

やはり、この旅を無事終えたのも、色々な人の協力があったから。
感謝せなあきまへん。

今回のビジネスプランの立役者、花芸はんをはじめ、
日本とイタリアの連絡を円滑にしてくれはった岩田はん。
窯の輸入でアドバイスしてくれた本郷はんと佐藤はん。
ナポリに支店を構える大阪弁達者なイタリア人の旦那。
ナポリ在中の通訳を紹介してくれたシンの字はん。
その通訳をしてくださったよう子はん。

皆さん。ほんま、おおきにありがと♪



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-19 20:22 | ナポリピザ窯共同組合始動
ナポリ最終日
いよいよ本日でナポリの仕事は終わりです。

スケジュールは以下の通り。

・分割できるピザ窯の視察
・排煙除去装置の視察
・有名ピッツェリアの視察

通訳のよう子さんにお願いして各メーカーに連絡を。
分割窯は注文のみの発送で展示している小売店は無いとの事。
よって、後日、資料の取り寄せをお願い。

排煙除去装置のメーカーに問い合わせた結果、ナポリの業者に卸している事が判明。
連絡後、そこまで訪問。
a0150573_845028.jpg



ところが、何度チャイムを鳴らしても返事なし。。。。
どないなってんねん。
わざわざタクシー代までつこてんのに!(怒)
結局、無駄足。


最後に、大阪のピッツェリアのオーナーの大胡哲平さんの師匠の店に
a0150573_8101344.jpg

a0150573_8102946.jpg
a0150573_8104092.jpg

えらい愛嬌のあるご主人!
ピッツァを持ってきてくれる時に、鐘鳴らしながら、花火付きで!
そら、ビックリしましたわ!

ここのピッツァ!
ナポリで食べた中で1番生地がうまかった!
窯もじっくり拝見いたしました。

構造的に日本の窯設備とほぼ同じでんな。

さて、今回の旅では多くの収穫が有りました。

サルバの大将に宿題もあげたし。
後は大阪帰ってわての会社のオフィシャルサイトを完成させなあきまへん。

本番はこれから。

さあ、明日は帰国ですわぁ!




当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-17 21:38 | ナポリピザ窯共同組合始動
ナポリ滞在5日目 その2
コンテナに窯6基を積み終え、やっと一安心。

気が付けばお腹ぐ~~~!

そこで、サルバトーレはん、ええとこ連れて行ってくれました。
「ミゲーレ」ちゅう超有名ピッツェリア。

連日、超満員で長蛇の列らしい。
しかし、時間も時間、すんなり入れました。
メニューは2種類。「マルゲリータとマリナーラ」

愛想もくそもない店。
サルバトーレはんは 「ほら膝に掛けるナフキンもないやろ」と苦笑。
超カジュアルな店。
a0150573_275339.jpg



そこの大将らしき人と長話。
イタリア人は男女共によう喋りまんなぁ~
ピザ打つとこ見せてぇ~なぁゆうたら「おいでやす」と。
a0150573_2113385.jpg

ついでに、「フォルマイオと窯も写し~なぁ」ゆわれてパチリ。
a0150573_2231119.jpg



次に行ったんはえらい賑やかな通り。
a0150573_2153650.jpg

マリオの窯入れた店で、サルバトーレとえらい喋ってましたで。
親切な大将で、店の中くまなく案内されて、コーピーご馳走になって、すんません。


a0150573_218893.jpg

なんでもこの道45年の超ベテラン。
いつでも若衆連れてきたら、おっさんピザ教えたる~~ゆうてはりました。


そこのピザ窯はマリオ・アクント
a0150573_2201867.jpg


ナポリピッツァの老舗店でマリオ・アクントはしっかり認知されていました。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-16 23:56 | ナポリピザ窯共同組合始動
ナポリ滞在5日目 その1
さて、さて。
今回のナポリ訪問の最終段階。
千秋楽ちゅうとこでんな。

無事出荷を祈りつつマリオ・アクントのファクトリーへいざ出陣。
朝9時半にホテルでサルバトーレにピックアップの予定が。。。。
10時なってもけえへんやんけ!

電話したってん。「どないなってんねん」と。

サルバ曰く「すんまへん」やて。
イタリア人はちゅうのはかないまへんで。

しかし、車にのって走り出して遅れた理由が分かりました。
ごっつい渋滞。
こらあかんわ。

ほんで、到着したのはええけど、トラックどこおんのん???

わてが手配したトラックやよってに、電話して「こら~~~」ゆうたってん。
ほんだら「トラック故障したらしい」と!

故障とはなんじゃい、故障とは!

そら、物はいつか壊れる、人間も病気の一つもするわい。
けど、人間なら病院行くやろ!
トラック故障やったら別のん手配せんかいなぁ。

ほんで、やっと別便で13時到着。
マリオの旦那も怒ってはったわ。

やっと積み込み
a0150573_3292459.jpg

マリオの大旦那ハリキリすぎて腰を痛めはってん。すんまへん。


a0150573_331126.jpg

いなせなトラックの運ちゃんと記念撮影。
彼曰く「運転の技術は世界一」らしい。。。


a0150573_3323910.jpg

マリオの大旦那、大変お世話になりました。
後は無事神戸でお釜ちゃんたちと対面するばかりです。



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-16 23:11 | ナポリピザ窯共同組合始動
ナポリ滞在4日目
時差で毎日寝不足。
明日はいよいよ窯の出荷。

大事をとって一日ホテルでゆっくり。

大阪での仕事をここナポリでこなしました。

えらいもんでんな!
ナポリに居ながら大阪の仕事できんねん。
パソコン様さまやん。
インターネット様さまやで。

明日の無事出荷を祈りつつ。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-15 20:03 | ナポリピザ窯共同組合始動
3日目
さあ、ナポリ滞在も3日目。
日曜日。
アクントの若旦さんもお休み、ちゅう~か家庭サービス。

わても、やっと人心地。

ええ天気やし、カップリ行き、カップリ行きと若旦さんゆうとったなぁ、と思い出した。

そやなぁ。
今回の事業立ち上げに尽力くださった秦の大将も次回は案内せなあかんし、
よっしゃ、気ままな一人旅~~ゆうて行ってきました。

カップリ、カップリゆうから何処かいなぁ思たら「カプリ島」やんけ!

タクシーの運ちゃんにゆうてカプリ行き桟橋まで!
カプリ島まで切符1枚包んでくれ~~と、切符こうてん。
ほんで、出発時刻みたら、ごっつい時間空いてる。

しゃ~ないから、ナポリの細い道クネクネ歩きたおしたってん。
ほんだら、しゃれた魚屋あるやん!!
a0150573_2302272.jpg

大阪中央本場のじゃがれ声みたいなん聞こえるかな~と思たら
普通やった。おもんなぁ↓


a0150573_232464.jpg

じゃぁじゃぁじゃ~~ん。
時間が来たんで桟橋からごっつい水中翼船のって着きました。
えらいこじんまりしたこと。

ふらふら歩いて飯屋へ。
好きなメニューあらしまへんから、兄弟のまねして「ゴネ」たってん!
えへへ。
ほんだら「大将だけとくべつやでぇ」ゆうて作ってくれはりました。

ほんで、空みてニヤニヤしてたら。
「大将、船出まっせ」と知らんおっさんがせかしよんねん。

「何や、なんぞ用か」ゆうて聞いたら、島回る観光船出まんがなぁ!と。
えらいこっちゃ、わても乗る~~ゆうてプッキ買いました。


へんな岩
a0150573_2414332.jpg

青い何とかゆうやつ


a0150573_2425228.jpg

ふぅ~~ん。きれいやん。
その間、わけのわからんイタリア語でわいわいがやがやとアナウンス。
途中で岩にぎりぎり近づいて「カミカゼ」「カミカゼ」ゆうから
わての事かいな~と勘違いして
「へへ、それほどでも、あらしまへんでぇ」と頭ぽりぽり。

そんな、こんなでワインしこたま飲んで「ふぁ~~ん」ゆうて
ホテルにご帰還。
あとは、前後不覚の態で気絶しました。
おしまい。




当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-14 22:50 | ナポリピザ窯共同組合始動
二日目後半
ゴットファーザーの一コマ
a0150573_17294265.jpg

ポンペイを後にして一路ソレントちゅうとこへ連れてもらいました。

ソレントの中心街は見事なほど整備されていて、
完全なほどリゾート化されていました。
絶対ここすみたい~~とおもいまっせ。

ここはその海辺。
海の上にテラスがあり、夏場はそこで食事を取れるそう。



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ



続きあんで。下の「続きを見る」クリックしてなぁ

続きを見る
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-13 23:52 | ナポリピザ窯共同組合始動
ナポリ2日目
ポンペイ最後の日
a0150573_16595080.jpg

2度ほど読んだ「ポンペイ最後の日」。
ベスビアス火山が大噴火し、その火砕流でポンペイの町は埋め尽くされて
その後、忘れ去られてしまう。
その後、発見されるまで数百年の月日を要しました。

また、その遺跡を今の状態まで発掘すること100年以上とも言われています。

今回は、サルバトーレさんのご意向で2日目にここポンペイまでご一緒
してくださいました。

ちなみのこの写真。
溶岩が迫る中、家の中で恐怖をこらえる姿のままお亡くなりになったものです。
これ以外にも沢山の遺体がこのような形で残っていました。

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ




続きよ見る
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-13 22:53 | ナポリピザ窯共同組合始動
ウエルカム・ディナー
a0150573_14563948.jpg

数日前から日本人か来ると知らされて興奮気味のサルバトーレの愛娘。
キティちゃんのお土産を渡すと、きゃ~~♪やて!
ほんま、どこの国行っても「子ぉ」ちゅうもんは愛らしいもんでんなぁ。

長旅の疲れも癒されましたゎ。


a0150573_152332.jpg

おふくろの味

しもたぁ~~
料理の写真、撮るのん忘れてたぁ~
と後悔しても後の祭り。

前菜にはタコやわ~に煮たサラダ
パスタはシーフードとドライトマト入ったやつ(うまかったわぁ)
メインはご覧のとおり魚のフリット

ほんまあんじょうしてくれはりました。


a0150573_1564782.jpg

うち、バレー習ろてんねん、と。(くるくる回る愛娘)


a0150573_1583193.jpg

ディナーも終わり記念撮影

通訳のよう子さんから事前に聞いて買ったお土産をお母さんや奥さん、サルバの大将に
差し上げました。
それは、それは大層に喜んでくださり、ほんまうれしかったわぁ。

さて、帰り際にお母さんから、「今日からここをあなたの家と思ってください。」
と伝えれれた時、社交辞令と思いつつ、心に響く言葉でしたわぁ。

今度はわてがサルバトーレご夫妻を大阪に迎えなあきまへん。

ps

ここはサルバトーレのお母さんの家。
高級住宅街の閑静な所。
部屋も広く、お手伝いさんもいてた!

わてもナポリのこんなとこに居を構えたいなぁ~~

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-12 23:52 | ナポリピザ窯共同組合始動
ナポリ初日
a0150573_14121180.jpg

宿泊先のホテルからの景観

無事ナポリ到着!

大阪伊丹⇒成田⇒ローマ⇒ナポリ

と、飛行機を乗り継ぎ長旅を終えました。

ナポリ空港ではサルバトーレ・アクントさんが「Mr KAKUHATA」の
プラカードを胸に満面の笑みで迎えに来てくれはりました。
おおきに、ありがと♪(英語で)

ホテルでは初日の商談をわてのつたない英語(大阪弁イントネーション付)で
なんとか意思の疎通を!


a0150573_14201765.jpg

一路、マリオ・アクント社のファクトリーへ

前日まで雨模様であったそうですが、まるでわてを歓迎するかの様な晴天に(うれし)
きれいな町並みが印象的です。


と、思いきや、ナポリはわてを裏切りまへん。
a0150573_14245359.jpg

大阪が誇る日本最大級のあいりん地区、西成の南霞町のちんちん電車付近に
そっくりなとこがありました。
いや~他所の土地とは思われまへんなぁ。


a0150573_1431428.jpg

やっと会えました。
大阪とナポリで何度もメールでやり取り。
その間約2ヶ月かなぁ?

その末やっとお対面と相成りました。
左が当主のマリオ・アクントの旦那。
中央はわて。
右が若だんさんのサルバトーレ・アクント。

マリオの旦那は70歳を超えていますが、すごい体格と分厚い手の握力には
恐れへっこみました。

工場内を隈なく案内され、彼の窯に対する熱い熱い情熱を話される顔を見ていると
本当に来てよかったと思いました。


a0150573_14382197.jpg

さて、ところ変わってマリオ・アクントの窯を設置するお店に表敬訪問。
いいですね!
重厚です。
何より、排煙口の張り出しがすごい!
この構造がずば抜けているのでマリオ・アクントを選んだ理由の一つです。

今夜はサルバトーレ・アクント家の歓迎ディナーにお呼ばれです。

追伸

ここまで来るのに、サルバトーレとの翻訳・通訳に尽力くださった岩田氏。
また、現地で通訳をしてくださったよう子さん。

ご両人に心から感謝申し上げます。

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-03-12 10:47 | ナポリピザ窯共同組合始動
| ページトップ |
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin