Top
カテゴリ:実証・ピザ窯設置現場( 61 )
Top▲ |
ナポリのピッツァ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 5連チャン その5 石川県七尾市編
さ~ぁ、ナポリ娘の嫁入りラッシュはまだまだ続きまっせ!
ここ石川県は七尾市。能登半島東側の中腹に位置し、能登島を対岸にする内海で波も静か。

イーの大将曰く 「わてもこんなとこでのんびり暮らしたい」やて!
ネオン街が誰より好きなくせに、よ~そんな事言いはるわぁ!

さて、イーの大将は大阪駅からサンダーバード号(国際救助隊ちゃいまっせ)で一路、七尾市へ!
車中で「ちめた~ぃ」もんチュ~~ゆわしたんは、ゆうまでもありまへん(多分)

その後、ぐっすり眠ったイーのおっさん。果たしてちゃんと降りれるんでしょうか?!
しかし、イーの大将はどこ行ってもキチンと目的地で下車します。

その訳は!!!
な、なんと自前のプラカードを首にかけてます。
そこへ「○○駅で起こしてください。御礼にビール券差し上げます。」・・・!

あちゃ~~。恥も外聞もあらしまへんで、このおっさん。

さて、さて、いつものスカタン話はこれくらいにして、いよいよ搬入だす。(まだまだあるねん)

お店から見た景観がこれ!
a0150573_1134153.jpg

そこへ時間通りアチハ株式会社とトラックがスタンバイ。
a0150573_11374473.jpg

今回の搬入作業はいつもの「アチハ」さんではなく、ご近所の造船屋さんが行います。
造船屋さんはアチハさん同様、重量物を扱います。

先ずは、トラックから降ろされたナポリ娘マリオ・アクント クラシコ3をフォークリフトを使い
店先まで搬入します。
a0150573_114423100.jpg

ご覧のようにフォークリフトが軒下に当たりそう!
心配するイーをよそにギリギリまで難なくいれるオペレーター・・・(プロやね~)

へてから、ジャッキパレットで設置位置まで移動!
a0150573_11554093.jpg


へてから、へてから、チェーンブロックでナポリ娘を引き上げ架台脚を装填。
a0150573_11584131.jpg


これで搬入も無事終了と相成りました。
そこで、いつものお約束、記念撮影!
車中、ぐっすり寝たイーの大将は上機嫌で一人笑ろてまんがなぁ。
a0150573_1214947.jpg


後は、火入れを2週間して頂き、外装を施して完成。
オーナーの東龍様、本当にありがとうございました。
大阪まで何度も足を運んでいただき感謝です。

ど~か、ナポリ娘を可愛がってあげてくださ。

編集後記

搬入の途中、お昼にご近所のうどん屋さんに連れてもらいました。
そこのうどんがまた美味い!

例によっていやしいイーの大将はうどんが出てくるや否や、「ズルズル~」いわしました。
ほんで、「あ~おいしかったわぁ~~・・・・・・・あぁ~~写真撮んのん忘れた~~」やて!(アホチャウ)

そこで、悔しがるイーのおっさんはせめてメニューをと!
a0150573_12152239.jpg


実はイーの大将、大阪麺喰い党・党首(自称)らしいです。
そのおっさんを唸らしたうどんだす。



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-08-31 12:20 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピッツァ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 4連チャン その4 北海道札幌編
マリオ・アクントのナポリ娘(ピッツァ窯)はどこまで嫁ぐんでしょうか!!??
シンガポールへ嫁ぐやら、北の大地・北海道は札幌まで・・・・

さて、今回は札幌市内にある「ANTICA PIZZERIA BISON」へ訪問。

イーの大将は久々の北海道で、ほんま、ごきげんさんでした。
お決まりの場所でまずは記念撮影!
a0150573_1026577.jpg


さて、その後住所を頼りにお目当てのお店へ訪問。
a0150573_10271994.jpg

偶然にも本日はオープン前のレセプション!
一般のお客様は入れず招待客のみ。
それを知らんとイーのおっさんは満面の笑みで「ごめんやす~~!」ちゅうて入っていった!

さぁ、困ったのが店員さん。
「このおっさん誰なん?」

イーのおっさんはそんな事おかまいなしに店内を「パチリ・パチリ」と撮影開始!!

店員さん 「すんまへん大将、どちらさんでっか?」
イー 「えっ、あ~、毎度! ビールでもおくんなはれ」
店員さん 「あの~、本日のご招待のお客さん・・でっか?」
イー 「いや~招待やなんて、えへへ、そんなんちゃいまっせ!」

と、話はかみ合わない。

そこで困った店員さんはオーナーピッツァイオーロの東島さんに!
さすがは東島さん、初対面のわての顔はこのブログで確認済み!

東島さん 「誰かと思えばイーの大将!よ~遠いところおいでやす~~」

と、こんな塩梅でカウンター席へ案内され、本日はレセプションであることを聞かされました。
それを聞いたイーは

イー 「あっ、なるほど・・・招待・・・なるほど・・・」(赤面)

またしても、この大ボケなにわのおっさんは北の大地でもスカタンしはりました。(ヤレヤレ)

さて、いつもながらのスカタンはさて置き、店内のナポリ娘クラシコ3をご覧ください。
a0150573_10504757.jpg

久々の愛娘に対面したスカタンおっさん、イーは「ううううぅ、元気やったかぁ!」と。

その後、美味しいピッツァをほお張り、チメタ~~いビール、ちゅ~~ゆわして、
「こぉ~らぁ、おいしおまんなぁ、こぉ~らぁ、おいしおまんなぁ、」を連発。

火入れも終わり、綺麗に真っ白にドレスアップされたマリオ・アクント クラシコ3は
まるで白無垢に包まれた花嫁の如くですなぁ~(ハァ~)
a0150573_10562865.jpg

a0150573_10571697.jpg


さぁ、美味しいピッツァもお呼ばれしたし、ここで記念撮影でんなぁ!
a0150573_10594753.jpg


東島さん、大変にお世話になりました。また近々にお邪魔しますよってによろしゅ~おたの申します。

その後、イーの大将は「すすきの」の夜の街へ消えていくのであります。(心なしかスキップしてるよう!)

最後に。
今回の北海道は、ここ「ANTICA PIZZERIA BISON」への訪問。
千歳の花茶さんへクラシコ3の搬入
また、札幌のホテルクロスにある店舗への現調と3件の仕事だす。

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-08-30 10:16 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピッツァ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その3 兵庫県三田市編
ここは兵庫県は三田市。
駅から徒歩5分ぐらいのすんばらしい立地条件の店舗。
その間口の広さは半端やあらしまへん!さぁ、見ておくれやす。
a0150573_7344273.jpg

ここへナポリ娘が搬入されます。

搬入当日はあいにくの雨。
イーの大将は無事故の搬入を祈るばかりでありました。

イーの心配をよそにアチハ株式会社の若い衆は黙々と作業に励みます。(ステキ~~)
a0150573_7514155.jpg

a0150573_805920.jpg


ナポリ娘のクラシコ2(こいさん)は無事一旦着地しました。
a0150573_842888.jpg


ぐずるナポリ娘のこいさん(大阪弁で末娘の事)をなだめながらようやく店内へ搬入。
その後、ジャッキパレットでかさ上げされ、架台脚を装填しました。
a0150573_893019.jpg


そして、最後に定位置に!
さあ、さあ、記念撮影ですよ~~。
オーナーピッツァイオーロの田原さん!!(このお人なかなかのイケメン)
a0150573_815573.jpg


さて、その後。
2週間の火入れも終わり、綺麗にべべ着せてもうたCLASSICO2。
今回よりマリオ・アクントの煙突は宮村特性のつや消しブラックが標準装備。
もちろん、今までの亜鉛色も選べます。

さぁ、その全容を篤とご覧あれ~~~!
a0150573_820170.jpg


編集後記
実はこの店舗は総額500万で収めています。
いや~~すんばらしい!
若きピッツァイオーロの諸君!!!!
どう思います????

詳しくはオフィシャルサイトで掲載予定!!
乞うご期待!


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-08-29 08:23 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピッツァ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その2 栃木県編
ある日、大阪は中津の 「トラットリア & ピッツェリア バルカッチャ」の宮本さんから一本の電話が!!

宮本氏 「イーちゃん、窯ほしいちゅう人うちに来てまっせ」

イー  「な、なんだすて~~」 

イーは愛車「イー号」にまたがり、ピュ~~!!!
息を切らしてバルカッチャへ到着!!

イー 「宮本さん、その人どこでっか!!」

宮本さん 「えっ、今度来るてゆうてはったでぇ」

早合点のイーの大将は肩を落とし帰路へ「ギィ~コ、ギィ~コ」(ちゃりの音)

まぁ、そんなスカタン話から、その後商談はトントンと進み、いよいよいざ搬入と相成りました!

ここは栃木県の閑静な場所、さすが郊外店でんなぁ!
a0150573_1621022.jpg

わてが到着したときにはすでにナポリ娘は到着してはりました。
a0150573_1661017.jpg

なんとフォークリフトまで段取りしてはりました!
a0150573_16411740.jpg

へてから、へてから、搬入用架台に窯を乗せて、架台脚を装填。
a0150573_1745485.jpg

はい、お次はいつものお約束!強力の掛け声勇ましく!!!
a0150573_1781494.jpg


さて、今回の搬入も無事終了となりました。
皆様、本当にご苦労さまでございました。
a0150573_17113372.jpg


オーナーピッツァイオーロのルイ様。
ど~か、ど~か、ナポリ娘をよろしゅ~おたの申します。

装飾後の晴れ姿を見せておくれやす。




当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-08-27 17:13 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピッツァ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その1 東京吉祥寺編
ご無沙汰しておりました(汗)

ここの所、イーの大将の小間使いとして、あっちに行け~、こっち行け~と、右往左往の毎日で本業のブログ更新もままならぬ状態でした。

そんな中、イーのおっさんがいきなり、「ブログ更新どないなってんねん(怒)」と・・・・

わても負けてしまへん。

ロー 「あんなぁ、あっち行け、こっち行けゆうて人の暇取ったんはどこの誰や~~」

イー 「えっ、それって、わての事ぉ?」

ロー 「当たり前や、イーの大将は天井見てニヤニヤしてるだけやろ~!!」

イー 「天井・・見て・・ニヤニヤって・・言い過ぎやろ~~」

ロー 「何んやったら、ここで暴露ちゅう手ぇもあんねんけど、どやぁ!!」

イー 「あ、まぁまぁ、ローの旦那ぁ、ちょっと一杯行きまひょかぁ」

さて、そんなスカタンのイーは放っておいて本題と参りましょう。

溜まりに溜まったナポリ娘の嫁入りラッシュ、いつもの事ながら3連チャンでご報告いたします。

ここは、花のお江戸、武蔵野市は吉祥寺。
店舗は2階にあり、搬入の難易度も当然ながら上がります。

さぁ、どないして搬入しはるんやろ!楽しみでんねぁ♪

まずは、2階に搬入するに欠かせないのがレッカー車。
a0150573_1048209.jpg

そして、いよいよ2階に向かってナポリ娘のマリオ・アクント クラシコ3を吊り上げます。
a0150573_1050311.jpg


ここの地域は電線がすごい!それをかき分けかき分け、やっと踊り場まで到着!
a0150573_11191387.jpg


後は、いつものお約束!
そ~~~れっ、強力の出番だす~~!
a0150573_11291558.jpg


へてから、ナポリ娘のあんよ入れるために台座を少しづつ持ち上げます。
a0150573_1141468.jpg


さぁ、架台脚を装填して搬入作業も終わりました。
この後、2週間の火入れが完了したら窯の装飾に入ります。
a0150573_1143320.jpg


どんな装飾かは後のレポートで報告いたします。

おしまい。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-08-15 11:46 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピザ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その3 大阪東淀川区上新庄編
ちょっと間が空いたナポリ娘の嫁入りラッシュ!

なんでブログ更新せえへんねん!!!と、
イーの大将にえらい怒られまして重い腰をあげたこのブログの筆者ローでございますぅ。(アワアワ!)

ここは大阪、東淀川区、上新庄ちゅう町。
ええとこでっせ!とはイーの言。
なるほど、旨いもん喰わす店が点々とする知る人ぞ知るちゅう町ですわぁ!

そんな大阪ローカル色の色濃く残す町に、なんと、またもやコンボシリーズが搬入されました!

最近では株式会社ギルドの指定搬入業者さんアチハ株式会社さんは極めて安全かつスムーズに
ナポリ娘をあんじょうしてくださって、イーの大将も大変なご満悦だす。ハイ。
a0150573_0224322.jpg


いつもながら、ユニックで降ろされたナポリ娘はあんよを店先で装填されていよいよ搬入です。
a0150573_0242595.jpg


ところが、搬入間口が寸法ぎりぎり!
現場ちゅうもんは行ってみて、降ろして、いざ搬入までどんな事があるかわかりまへん!
左右を注意しながらゆっくりゆっくりと押し進めます。
いつもの掛け声はあらしまへん。
a0150573_0264636.jpg


その店内に、なぜか塗装業者さんが、大きな顔(態度)でアチハさんの作業を見つめていました!
a0150573_0281390.jpg


それを見たイーのおっさんは、

 「ちょっと、そこのペンキの大将」、と言いかけた途端、急に態度が改まった!

なんと、そのペンキの親方様は、ここのオーナーピッツァイオーロの中橋様ではあ~~りませんか!
「えらい、すんまへん」と平謝りのイーでありました!

そして、定位置に安置されたナポリ娘と記念撮影(パチリ)
a0150573_036938.jpg


ここで、このお店のオーナーピッツァイオーロの中橋さんの名誉挽回ちゅうところでちょっとご紹介。
かれは多才な吾人。

この業界に入るまでは塗装職人や色々な経歴をお持ちになっています。
今回の店舗工事でも自分の力を発揮できるところは余すところなく作業してはりました。


そして、しばらくの時が経ち・・・・・・・


様子見に行ったイーの大将は絶叫しました!!!!
「ぎょえぇえええええぇぇぇ~~~~~」

まぁ、百聞は一見にしかず、見ておくれやす!
なんと勇ましいコンボ3の勇姿を!!!!
a0150573_0453259.jpg

a0150573_0455313.jpg

a0150573_0461017.jpg


どないでっか!どないでっか、どないでっか!!(ナンベンユウネン)
な、な、なんやて~~~~~!!!!!!

ブ、ブラック・コンボがぁ~~~ちゅうねん!

すごい仕上げ!
すごい高級感溢れるタイル!
ほんで、ほんで、へてから、もう、イーは言葉あらしません。

「降参です。」とイーんの言。

娘や思てたのに、むっちゃ男前やん!!!!

さて、オープンまでしっかりと見届けなあきまへん。
今後のレポートをどうかお楽しみにしておくれやす!

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-06-19 00:52 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピザ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その2 東大阪瓢箪山編
まだまだ続くナポリ娘の嫁入りラッシュ!!

さて、皆さん。(おなじみ浜村淳風)

今回は大阪府下を一望でける、すんばらしいロケーションからのレポートだす。

こんなええ場所、なかなかあらしません。ほんまぁ!
そら~もぉ、ぶっくりしまっせ!!!(キャッホ~~)

わて、大阪に生まれ育ち、幾星霜。
知らんとこ無い思てましたが・・・・・・
井の中の蛙でしたわぁ。

まぁ、百聞は一見に如かず。
ほれ、見ておくれやす!
a0150573_15122511.jpg

どないでっか!?絶景でっしゃろ!!!
写真中央あたりの高層ビル群がミナミですわ!

さて、ここからが本題!
今回の搬入は、以前の花のお江戸は麻布十番と同じく、非常に難工事が予想されます。

その店舗は小高い丘の上で、その前は急斜面な崖!
また、窯の搬入経路を確保するために、な、な、なんと!
あぜ道しか無かったのに、土木工事までして車が通れるまで拡張したんです~~~ぅ(キョェ~~)

その店舗はこれ
a0150573_16375922.jpg

土木工事の様子
a0150573_16415328.jpg

ほんま、半端やあらしまへん。
ここまでして窯を搬入するねんて・・・・・兜を脱ぎますわぁ。

窯を搬入する為の土木工事も終わり、いよいよ搬入本番を迎えた日。
思わぬ大問題が勃発!!!(ナニナニナニ??)

前日から続いた大雨で地面はかなりぬかるんでいました。
そこへ到着したのが大きいレッカー車(株式会社アチハ様)
ところが、タイヤが滑って店舗下の崖まで行けない!!!!!!

苦渋の決断を迫れたアチハの大将!
「今日は中止でんなぁ」と。

しかし、そこで喰い下がったのが、ここのオーナーピッツァイオーロ福田様。

「ちょっと、待っておくんなはれ!」と。
何が何でもとの気迫に、アチハの大将もタジタジ(汗)

そこで、アチハの大将も!
「よっしゃ、アチハの底力見せたろやないけ~~」と鼻息フンゴ~~ゆわしました。

鼻息はともかく、アチハの底力はすんばらしい、頼もしい!
そぐに手配されたのがこの機械、カニクレーン!!
a0150573_1781568.jpg


キャタピラーのカニクレーンはぬかるみも易々と登る!
さすがはアチハさん、この機動力はその会社のバックグランドがいかにスゴイかをうかがい知れますなぁ!

けんど!なんでこの機械がカニなのか!?これを見て初めて納得!
a0150573_17105467.jpg

何ということでしょ~~(劇的改造 前と後 風)
カニのように爪が四方に伸びるではあ~~りませんか?

そして、わがナポリ娘は難なく店舗まで吊りあげられたのです(ホッ)
a0150573_1720858.jpg


それからはいつもの如く、スライディングペーパーで定位置に鎮座したナポリ娘に煙突が施工されました。
固唾をのみ見守ったお店の方々もホッと一安心。
a0150573_17275817.jpg


それから幾日。
しっかり火入れされたコンボ3は装飾されました。
a0150573_17372174.jpg

ここで、今回のナポリ娘について少し触れておきましょう。
マリオ・アクントのコンボシリーズとは「日本初登場 ガズ火+薪」のタイプだす!
言いかえればコンボとは「ハイブリットエンジン」
窯の温度を上げる際はガス火と薪で一気に!
そしてピッツァを焼く際は薪だけで!!!

煤のよく出る炊き始めの際はガズ火の力で煤を完全燃焼!
よって、煤は少なくなる!

更には、注文と注文の間はガス火で保温!!!

クラシコシリーズのように薪だけのタイプに比べ薪の使用量は格段に経済的。

一石二鳥とはこの事。

エコを考えるなら今後はコンボタイプが主流になる予感が。。。。

さぁ、装飾もかっちょよく完了。
a0150573_1884063.jpg

そしてイーのおっさんも福田様ご夫婦と記念撮影!(イーは出んでもええのに 筆者談)
a0150573_18113133.jpg


最後に、
気象条件の悪さの中、プロ意識をもって最後まであきらめず作業を完遂してくださったアチハ株式会社の皆さま。本当にご苦労さまでした。心から感謝申し上げます。

この搬入を実現されるまで労をいとわず協力してくださったテニスコート・カラバッシュの坂口様や関係者様に御礼申し上げます。

また、色々な諸問題を一つひとつ解決され、晴れてオープンを迎えられた福田様。
本当にお世話になりました。

どうか、これからは大阪平野を見下ろす高台にあって、大阪ピッツァリアはここにあり!
と言えるお店にしてください。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-05-16 15:05 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピザ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その1 シンガポール編
南国~土佐~を後にして♪(古っ)

土佐やない、土佐やない!!

南国は南国でも、ここは亜熱帯のど真ん中、シンガポールでございます。

またまた、イーの大将の愛娘「マリオ・アクント クラシコ5」がシンガポールへと嫁ぎました。

搬入する地域は交通量が多いので夜間の搬入となりました。
待ちに待ったクラシコ5を出迎えたのは・・・・どこかで見たようなお方が!
a0150573_19151057.jpg

おおっ、誰かと思えば大阪は天満でパーラ振り倒していた「Va Booo」のけんの字やんけ~~!

「ううううっ! け、けんの字、元気やったか~!」とはイーのおっさんの台詞。
涙をながしながら懐かしがるイーのおっさん。

何故かと言えば、けんの字とイーは大の仲良し。
大阪のXXX当たりで夜な夜な悪さしてはった盆仲(賭博仲間)でした!

さて、イーの大将の感傷はほっといて話を続けましょう!

今回の現場は前回の経験を活かして、また、現場の環境もよくフォークリフトで難なく搬入できたみたいですね。
a0150573_19282392.jpg

けど、この天井の高さは半端やあらしません!
こんな店舗でのびのびと仕事したいもんでんなぁ~~
a0150573_19315879.jpg


さて、フォークリフトを使って搬入は無事完了したみたいでんなぁ(ホッ)
a0150573_1934290.jpg


さて、ここからが我らが「日本が世界に誇る板金職人 宮村浩樹」の登場です。

まづは煙突工事から!
a0150573_1940324.jpg

日本ではおなじみのアクアフィルターがシンガポールでも活躍ですわぁ♪
人が住むところでは「煤」は迷惑なもの。
どこのお国にいっても同じでんなぁ~!


さぁ~寄ってらっしゃい、見てらっしゃい!

いよいよ今世紀始まっていらいの妙技を篤とご覧あれ~~

今回の宮村の工事は煙突だけやあらしません。
なんと、窯全体を銅板で覆う、とんでもない贅沢な装飾。
それをやるちゅうねんから、畏れへっ込みますわぁ(ヘヘェ~ オダイカンサマ~)

まずは、窯に銅板を葺く前工程、割り付けを行います。
つまり、銅板を貼る位置を明確にする訳でんなぁ。
それが、これ。
a0150573_20242092.jpg

へてから、こないして順番に銅板をふいていきます。
a0150573_2025504.jpg

ここでいつもながらの余談。
実はこの銅板。本来、この様な施工には適していない銅板なんです。
通常なら0.35㎜の厚みを使用しますが、ここシンガポールでは0.5㎜の銅板しかなかった!

しかし、これぐらいで音を上げる宮村では無い。

宮村曰く「嘆くより、今、ここで出来る事をやるしかないやんけ~」(カッチョエ~)

通常より厚い鉄板をすべて手とハサミで裁断。
熟練の宮村でさえ手が痛くなったと・・・・・

しかし、結果、厚みのある重厚な装飾となったのです(パチパチパチ)

えらいもんでんなぁ~(オチカレ)

さぁ、その後を見てみましょう!
a0150573_21172678.jpg

ちゃくちゃくと進みます。
a0150573_21184131.jpg

も、もう一息で!


どないでっか!どないでっか!

見てやっておくんなはれ♪

「ううううううっ」とイーのおっさんは感極まり男泣き(アホチャウ)

どうか、この素晴らしい芸術作品をみておくんなはれ!

a0150573_2122986.jpg

a0150573_21222454.jpg


いや~~ほんま、ご苦労さまでございました。
職人の心意気ちゅうもんを、まざまざと見せつけられた感でんなぁ。

最後に。

今回のこの作品は宮村の力作として、長く語られることになるでしょう。

しかし、そんな彼は偉ぶることなく、今も淡々と仕事に励む毎日。
どうか、どうか、自愛しておくれやす。

ここで、この銅ぶき技術を少し振り返ってみましょう。

この作品に使われた技術は、古来からある日本の伝統技術。
神社仏閣の屋根に使われる技術を応用したものなんです。

彼、宮村浩樹は大工さんでいう宮大工の域にあります。
その工法を聞くと。

窯の前部分の横ぶきは「よこぶき」とも「まわしぶき」とも言うそう。
窯の上部(ドーム型の部分)は「縦平ぶき」
窯の周りは「縦ふき」とそれぞれ違った工法だそうです。

また、本来なら銅を固定するために、その土台となる所に穴をあけるのが通常。
しかし、窯にそんな事はできません。

そこで、彼の工夫というより、長年培った「知恵」とでも言うのでしょうか、
銅を固定するために「吊り子」ちゅうもんを窯に張り付け、そこへ銅板を固定いたそうです。
その画像がこれ。
a0150573_21363825.jpg

いずれにせよ、ここまでの施工を成し遂げる「技」に敬服するばかりです。

興奮冷めやらぬ私「ナポリピザ窯共同組合オフィシャルブログ」の著者、ローちゃんは最後にこの画像をアップして今回のシンガポール。名付けて「日本武者 大鎧兜」の記事を締めくくります。
(本邦初登場 このブログの著者 ローちゃんですぅ すんまへん。)

a0150573_21462415.jpg








当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-05-10 21:52 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピザ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その3 富山編
さて、ナポリ娘の嫁入り三連チャンの最終日。
イーの大将は深々と雪降る富山に足を踏み入れた。

その夜、イーの大将は見慣れぬ街かどへ一人出かけるのであった!
本人はかっこよく一人酒のつもり・・・(どんならん、おっさんやで!)
a0150573_218038.jpg

まぁ、しかし、出張つづきやさかいに、このぐらいは堪忍したらんと思う筆者ですぅ。

さぁ、そんなイーのおっさんの一人酒とやらはほっといて、いざ本題!!

今回の搬入は株式会社ギルドが行う搬入でも1、2を競う難関中の難関。
あの麻布十番の搬入と競う双璧だす。

そら~~見ものだっせ♪とはイーの言(搬入する人たちの気も知らんと)

さぁ、その難事中の難事の大工事を篤と篤とご覧あれ~~~!

朝8時。
大阪から雪の事も考慮して早めにでたアチハ株式会社の猛者達。(深夜2時出発の事)
a0150573_21264270.jpg


まずはこの階段の上まで窯を上げます。(ドナイシテ~)
a0150573_21212816.jpg

本来ならレッカー車の出動ですが、ここの店舗の前には電線が張り巡らされ、
レッカー車でも容易に吊り上げる事は出来ません。
そこで、やむなく階段を上がる方法を選択したのです。

しかし、この階段の上まで、どのようにして窯をあげるのでしょうか??
その先段階として邪魔なものは全て取り払います。
a0150573_21282554.jpg

a0150573_21283999.jpg


それに並行して一階部分ではいつもの搬入経路が確保されます。
a0150573_2130448.jpg


そして、ナポリ娘のクラシコ2(こいさん、大阪弁でいう末娘)が経路に降ろされます。
a0150573_21315448.jpg


へてから、いつものお約束、「大阪掛け声が炸裂」
a0150573_21331532.jpg


ついに「こいさん」は1階部分まで運び入られました。
a0150573_21373035.jpg

怖がる「こいさん」をなだめながら、搬入はいよいよ佳境に入って行きます。

一階から2階へと続く階段の天井には重量鉄骨が張られ、その中心に走るH鋼を軸にナポリ娘を吊り下げ、
一段、一段と、ゆっくり上げていきます。
a0150573_2141354.jpg


さぁ、その危険で緊張感が張り詰めた作業を一気に紹介します(ドキドキドキ)
a0150573_21432998.jpg

ふぃ~~、まさに手に汗握るとはこの事。
イーのおっさんはドキドキしながらこのシーンを見守っていました。

ちなみに、ちょっと余談。

階段から窯を搬入しだした時から、イーは下に降りられませんでした。
他の上にいた職人さん達は外部の電柱をつたって降ります。
しかし、イーのおっさんは「デブ」・・・そんな身軽な芸当は無理。
よって、イーのおっさんは、その作業が終わるまで「XXX」は・・・我慢・我慢だったのです(涙)

さて、ナポリ娘のクラシコ2は、無事2階へと搬入されました。(パチポチパチ)
a0150573_21511654.jpg


後は、門型で吊り上げあんよ(架台脚)を付けてもらって一安心。
a0150573_2152344.jpg


その後、施主さまの石井様、竹内様とお話し晴れて帰阪となりました。

アチハ株式会社のご一党さま、本当にご苦労様でした。特にドライバーの方々、大阪⇔富山の往路、
本当にお疲れさまでした。イーの大将はこの労をなんとかねぎらいたいと申しております。

どうか、大阪のどこぞで美味しいもんをよばれてくださいませ。

最後に、石井様、竹内様、大変にお世話になりました。
ナポリから帰りましたら宮村共々に仕上げの煙突工事に参ります。(イーも行くゆうてはります)

どうか、それまで今しばらくお待ちくださいませ。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-03-05 22:03 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピザ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その2 名古屋編
日は変わり、ナポリ娘の嫁入り3連チャンの二日目。

イーの大将は花のお江戸から、一路、金の鯱鉾名古屋は尾張一宮まで!!
途中、何べんも「きしめん」喰ぉゆうてんけど、宮弟子に諭されて「ブ~」とふくれながらの到着を見たのでした。
宮弟子さん、えらいおおきに♪
うちのイーの大将が大変お世話になりました。
帰ったら「これでもか~~」ゆうほどお灸すえますよってに(コワァ~)

さて、そんな生真面目な宮弟子とスカタンのイーは早速現場へ

そこには既にアチハさん達がスタンバイ!
ここのところ、どうゆう訳か国際輸送部の谷口さんも現場に!!!
a0150573_19321822.jpg


ここで、いつもながらの寄り道(スンマヘン)

アチハ株式会社の国際輸送部の谷口さんは株式会社ギルドの輸入・輸出を担当しています。
いつもナポリとの橋渡しをしてくれる、頼りになる英語達者な女の子。

なのに、最近ではギルドの窯の搬入のお手伝い???
可哀想に、新卒で入った会社で輸入輸出の花形業務から搬入現場へ・・・?

そこで質問。

イー 「なんでなん?」

谷口はん 「上司から現場で勉強せよ」と。

な~~る!!
そういう段取りでっかとうなずくイーの大将!
自分の輸入した商品がどのように運ばれ、搬入され、さらにはどれだけの汗と苦労があるのかを知る!

ええことでんがなぁ♪

なんでもそうだす。

現場を見てお客様を知る。
更には、その奥にあるエンドユーザー(お客さんのお客さん)の心を知る。

ゆえに自分の仕事の重みも知る・・・ちゅう訳でんなぁ。
ええ会社に入りましたやん♪
(なんや最近、そのユニホームが似合ってきてる・・これまた恐ろし!)

さて、話は戻り。
アチハさん得意の搬入経路がそこに!
a0150573_19491730.jpg


へてから、イーのおっさんやアチハさんご一党さん達は、いつもの如く仕事が進むと思ってた矢先に!!
トラブル発生!!

まずはこのシーン。
a0150573_19511153.jpg

このタイミングで窯の架台脚を装填するはずが・・・・

現場ちゅうもんは思てる通りになりまへん。
なんと!架台脚を入れた状態では店内に入らない!???

なぜなら、店舗の搬入口の高さが窯の高さより狭い・・・事が発覚!
窯の土台を構築した為、床から250㎜高くなっていたのです。

そこでやむなく、足をはずして搬入となりました。(昨日と同じケースに)
a0150573_19544770.jpg


一旦、店内に入った窯は架台脚を入れられる高さまで上げられます。
ところが、今回はそんなケースは想定外。道具も限られてものしか持ってきてない様子。

そこで、前回ここのブログで登場した宮村の助っ人「余呉さん」が登場。
近くのホームセンターでブロックを手配してくれました!!

余呉さ~~ん、好きよ~~~♪

その甲斐あって無事に架台脚は装填されました。(パチパチパチ)
a0150573_19591266.jpg

a0150573_2015760.jpg


ここまでなんとか搬入出来ました。
お次は窯の向きを変更します。
そこで登場するのが、あの秘密兵器「スライディングペーパー」でんがなぁ(ヒュ~ヒュ~)
a0150573_2033484.jpg

へてからいつものお約束!
a0150573_204546.jpg

「なんぼのもんじゃ~」の掛け声で正しい位置に鎮座した「ナポリ娘 クラシコ3」
a0150573_205159.jpg


さて、このように本日も見事に搬入してくださったアチハさん、余呉さん、また関係者の方々、
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

また、施主様のジャパン興業 赤塚元気社長ありがとうございました。
一宮で最高のピッツェリアはここにあり!!なお店をこしらえてください。

追伸
イーの大将は京都経由で、いざ富山に向かうのでありました。
(きしめん喰うたらあかんどぉ~~ちゅう声を後ろに聞きながら)


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-03-05 20:15 | 実証・ピザ窯設置現場
| ページトップ |
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin