Top
カテゴリ:実証・ピザ窯設置現場( 61 )
Top▲ |
ナポリピッツァ窯販売 ナポリ娘は福島県へ嫁ぐ
「マリオ・アクント クラシコ3」を福島県は相馬市へ搬入してきました。

青森に続いて2度目の東北地方。

飛行機で仙台まで飛び、福島県相馬市駅まで電車で移動。
土地勘のまったくないイーの大将は果たして迷わず行けるんやろか???

搬入前日に相馬市入りし、その日はご当地のごっつぉでも頂くつもりやったらしく、
ネットで乗り継ぎ調べていざ出発。

ところがどっこい!
案の定、スカタンおっさんは迷ったのであります。(ヤッパス)

それも、乗り継ぎの駅構内で「オロオロ」してる間に、乗るはずの電車は無情にも出発進行・・・
(終電の1本前のやつ)

あ~ぁ、あわれ浪速のスカタンはホームにポツンと一人たたずむ。

次の電車は1時間後。おまけに相馬市の2つ手前まで・・・・

イー「うおおおおぉぉぉ~~」

しゃ~ないよってにその電車に乗ってその駅でタクシー乗ってホテルへ。
ここからがまたひどい!

タクシーに乗るなり運ちゃんに問いかけるイーのおっさん。

イー「ここからそのホテルまで何分で行けるん?」
運ちゃん「そうでんなぁ、15分もあれば」
イー「よっしゃ、ほんだらやっておくんなはれ」

で、その途中の車中での会話。

イー「ちょっと運ちゃん、さいぜんからメーターカチカチよう上げるけどどないなってまんねん(怒)」
運ちゃん「え~!そんなんゆうても、これ普通でっせ」

ほんで、ホテル到着。
料金6000以上やった・・・・・

地方のタクシーって・・・・と涙のイーでありました。

その夜、やけ酒飲むつもりの中華料理店で、ビール2杯目注文した時の店員さんが・・

店員「ぼちぼちラストオーダーですけど」やて。
イー「・・・・・」

追い出されるように店をでたイーはむかえのバーでやけ酒の飲み直し・・・・

さて、気を切り替え翌日。
朝8時にはわれらがアチハ株式会社さんは既にスタンバイ。
a0150573_17124281.jpg

ジャスコの開店時間9時30分までに搬入を完了せなあかんさかい必死で作業
吊って
a0150573_17135529.jpg

降ろして
a0150573_17142458.jpg

わしょい、わっしょい、ゆうて。
a0150573_1715437.jpg

店内へ搬入。
a0150573_17152834.jpg


さぁ終わったと思いきや・・・
店内には約30センチの段差が・・・・

これ、どないすんのん?
こんな段差あんのん聞いてないで・・・・

しかし、そこはアチハさん。
難なく搬入してくれはりました(パチパチパチ)

後、お店の方々と説明を交え会談。

帰りの飛行機は十分時間的に余裕あり。

と、思っていたイーは、次に降りかかる災難を夢想だにしていなかった!

呑気にタクシーで相馬駅まで着いた、その時!!!
何か知らんけど電車が出発

まさか、昨夜の二の舞いか!(ピンポ~ン)

その通りでございます。
次の電車は1時間後。駅員さんに聞いたら、

駅員 「大将、飛行機間に合わしまへんわぁ、お気の毒さん」やて。

イー 「ほ、他の交通手段わぁ」と震える声で。

駅員 「タクシー」

イー 「ギョエ~~~」

そんな塩梅でしゃ~ないよってに相馬駅から仙台飛行場まで例の「カチカチ」。
メーター見んのん恐いよってにイーは薄目。 (見てるがなぁ)

飛行場到着前では半分気ぃを失いかけたイーは半泣きで御勘定。

運ちゃん「しめて、2万と6千円でんなぁ、毎度おおきに」やて。

飛行機代より高いやんけ。

さて、皆さん。
知らんとこ行く時は十分、気ぃつけなはれや~~~~ぁ。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2011-01-07 17:41 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント ナポリ娘はシンガポールへ嫁ぐ 二日目打ち上げ編
やれやれ(ホッ)

無事にシンガポールの工事は完了!!

宮村の仕事は完ぺきでした。(オチカレ)

そんな宮村にも笑顔が!
a0150573_2015526.jpg


前日の追い込み工事の甲斐あって、本日は思いの他、早めに終わった。
そこで、ホテルに帰りひとっ風呂浴びて街に繰り出した♪
a0150573_2035224.jpg


へてから夜は打ち上げパーティちゅう段取り!

えらい高級店ばかり並ぶとこ・・・・!
出てきた料理がこれ♪

えび、海老、エビ、でんがなぁ!(ヒュ~~)
a0150573_2053893.jpg


よ~冷えたワインがこれ!
a0150573_2061281.jpg

う、うまぁ~~~!

今さっきまで泳いでた魚(ゴメンネ)
a0150573_2072115.jpg


プリプリやん♪
a0150573_2075149.jpg



カニ、蟹、かに♪
a0150573_2091196.jpg


へてから、オマール海老まるごと!!!
a0150573_2094754.jpg


ぽんぽん一杯、あ~~幸せ♪
みんなで記念撮影
a0150573_2010414.jpg


おまけで、店内の水槽
a0150573_20111474.jpg


いや~至れり尽くせりの御振る舞い(オオキニ、オオキニ)

今回の施主様、水谷様、ほんまにお世話になりました。
ここ、シンガポールで世界に発信でけるピッツェリア王国を、どうか、築いておくれやす。

わてら、ナポリ・ピザ窯共同組合はなんなと応援させて頂きます。

さて、ここで今回の初海外施工の旅を振り返ってみましょう。

出発前には万端の準備に余念がなかった・・・。
けど、工具も最小限度やったし、今回ほど周りの協力をありがたく感じた事はなかった。
なぜなら、日本では工事工程はあらかじめ決められ、滞りなく進む。
それが当たり前と思っていた節もあった。

でも、ところ変われば品変わる。
こっちの都合だけでは周りは動かない。

そんな意味でも施工前の打ち合わせが大事。
意思の疎通も海外では簡単ではない。

そんな中、突発的に言う我々のオーダーも現地職人は協力的に行ってくれた。

多分、オーナーの水谷様、タカ様の尽力があったに違いない。

ほんま、日本では大きな顔してやっていた事が、海外ではなんも通用せえへん。

謙虚に、また、謙虚に、そして、誠実にやるしかない事を再認識したなぁ。

今後、海外出張では手前の準備もさることながら、現地の方々とどれだけ意思疎通を図れるかが
勝負でんなぁ。

そう思えば、毎回、毎回、勉強させられる事ばかり。

これでええ、ちゅうもんはあらしまへん。

常に勉強や思うて、日々一歩前進の自分でありたい。

おしまい。


【編集後記】

今回の海外出張で本当に頑張ってくれた関係者一同様にお礼を言います。

なかでも、宮弟子の晴樹君。若干二十歳。
まだまだ半人前の彼やけど、それはそれは頑張った。

今時の青年と比べれば「大したやっちゃ」です。

宮村が次に必要とする、資材・道具を段取りよう渡さなあかんと思っていてもなかなか出来へん。
しかし、それを思って必死になる彼の横顔。

宮やイーから見れば息子の年齢。

どうしても可愛い。

けど、男一匹、独り立ちせなあかんので甘やかしてはあきまへん。

どうか、どうかぁ、パルキ!
宮を抜くまで頑張り通しておくんなはれ。

また、宮も自分以上の人材を育ててこそ師として存在します。

ほんま、はたから見ててまぶしい限りだす。

イー

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-11-08 20:25 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント ナポリ娘はシンガポールへ嫁ぐ 二日目施工編
初日の工事は現地の職人さん達の協力もあって思いのほか順調に終了。

ほんま、水谷様、タカ様、奥野様、シンガポールの皆さん、おおきにありがと♪

段取りの悪さを嘆くより、協力してくださった皆様の努力に感謝、とは宮村の言。

ほんま、そうでんなぁ。皆さんの協力無では到底あそこまで、でけしまへん。(オオキニ、オオキニ)

さて、日も明け二日目の工事と相成りました。

天候は天気予報を覆し、「晴れ」でんがなぁ。

天も宮村を祝福してんねんなぁ・・・ええ感じ♪

昨日、店内まで入れたクラシコ7を所定に位置まで運ぶのにフォークリフトが登場しました!!(ヨッ、マッテマシタ)
a0150573_19471379.jpg


が、しかし!!
総重量2.3トンもあるクラシコ7。
フォークリフトで持ちあげると後ろの車輪が浮き出した!!

これはあかんと、重り代わりになんとその現場にいた重量級のお方がフォークリフトの後ろに乗っかった!
誰なん?そのお方って??
a0150573_19534318.jpg


あ~あっ、あわれイーの大将は、重しの役しか能が無かったのか!!!
まぁ、それでもなんかの役に立てて、よかったんちゃう♪

そんな、こんなでようやく定位置に鎮座したクラシコ7(ホッ)
a0150573_19585624.jpg

待ってましたとばかりに作業にかかる宮の大将。

後は、窯と煙突の接続と煙突トップに付ける耐火ファンを残すのみ!
耐火ファンを取り付ける高ヵ~~~いとこおる宮の大将!
a0150573_2024115.jpg


さぁ、これで工事完了。
後は耐火ファンの結線をして火入れを待つのみ。

皆さん、ほんまお疲れ様でございました。

事故なき怪我なきで無事終了と相成りました。

お世話になった関係者の方々、心から御礼申し上げます。

最後にピッツァイオーロの奥野様と記念撮影!
えらい、イーの大将、誇らしげでんなぁ(ナンモシテヘンノニ)
a0150573_20125613.jpg


へてから、ナポリ・ピザ窯共同組合のご一党さんで(パチリ)
a0150573_20145457.jpg


さぁ、これでナポリ・ピザ窯共同組合のご一党さんらの仕事は終わりだす。

後は、美味しいもん食べて日本へ帰国。

初めての海外へのピザ窯搬入と煙突工事。
私たちにとっては大変貴重な体験。

窯の輸出、道具の輸出、資材の輸出、慣れない海外での段取りと施工。

このチャンスを与えてくださった、水谷様、本当にありがとうございました。


追伸

シンガポールでの打ち上げパーティは後日掲載致します。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-11-06 20:20 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント ナポリ娘はシンガポールへ嫁ぐ 初日施工編 後半
シンガポールちゅうたら中華系民族が支配的と聞いていた。
そんなんで足場なんかも竹ででけてるゆうから不安な気持ちで現場に到着。

足場はどんなん!どんなん!?

あれっ!

竹ちゃうやん・・・・。

ほっとしたような、期待はずれのような・・・・感じ。

さて、実際の足場ときたら、これでんがなぁ。
a0150573_1749666.jpg

ひ、紐でくくってる!!!(ヒューヒュー)
まさに外国やねぇ~。

「ところ変われば品変わる」って言いまっけど、これはびっくりでんなぁ。
今の日本じゃ許可出えしまへんなぁ。

さぁ、ほんだら仕事しまひょか・・・ゆうてんけど。
朝一番につくトラックがけえへん。

しゃ~ないから、ブラブラしててん。

そこへやっと到着したトラック。
ナポリ娘と煙突資材と施工道具一式かついにきました~~(うれし♪)
a0150573_1803716.jpg


さてさて、窯を降ろしまっせ!!
どないしてやるんやろ、あれこれアドバイスしたけど。。。ちょっと不安!
a0150573_182342.jpg


むっちゃ狭いとこに皆でワッショイワッショイゆうて、やっと着地。
a0150573_1834295.jpg


あれ、あれ、ちょっと、どないすんのん?
こんなとこ置いても半分店の外でっせ!!
あかんがなぁ!ちょっと!シンガポールの旦さんら・・どこ行ったん????

かなんなぁ~~往生しまっせ!!!

と思とったら、搬入器材取りに帰ってんて(エェ~~)
段取りわるぅ~~

そんなん待ってられへんよってに、わてらは内部煙突工事を先行してやっつけました。
a0150573_18115444.jpg

a0150573_18161571.jpg


わてらのヒーロー宮村ゆうたら話しかけるのも気ぃ引ける真剣なまなざしで、
そこらじゅう、どつき回してました。
a0150573_182018.jpg


そんなこんなで内部煙突はほぼ終了。

シンガポールの旦那衆も器材を持ってきて、
さぁ、いざいざ搬入ですわ。

さすがわクラシコ7、なかなか動きまへん。
シンガポールの旦那衆も青筋たてて「なんぼのもんじゃぁ、なんぼのもんじゃぁ~~~」って、
大阪弁で気合い入れてました(うそです)
a0150573_18363071.jpg


そんな青筋のシンガポール旦那衆を横目に、わてらは外部煙突を施工!
さすがわ、われらがヒーロー、宮は「あっ」ちゅうまにビルのてっぺんまで上げました。

いや~いつもながら見事でんなぁ(パチパチパチ)
a0150573_1840372.jpg


本日は天候にも恵まれ、なんとか無事に工事を終えました。
しかし、まだ完成ではあらしまへん。

明日は窯と煙突の結合、煙突のトップに強制換気ファンの取りつけと、
もろもろありまんねん。

今晩はオーナーの水谷様にお呼ばれしまぁ!
どんなシンガポールの夜を満喫でけんねやろ!
うれし。

つづく



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-11-03 17:44 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント ナポリ娘はシンガポールへ嫁ぐ 初日施工編
さて、シンガポールの初日。
長旅の疲でぐっすり休んだイーの大将!

気になるのは天候。
どの天気予報でも雨、また、雨。(暗)

雨の中での窯の搬入や煙突工事は危険極まりない(ドナイショ、ドナイショ)

ところが、どっこい!
この男ほどの「晴れ男」は何処にもいてしまへん。

誰かて?決まってまんがなぁ、「宮村浩樹」でんがなぁ(晴)

あのイタリア・ナポリでもお天気予報は雨でした。

ところが、ナポリの板金街「ルア・カタナーラ」へ出かけて途端。
な、なんと、快晴に・・・・。
えらいもんでんなぁ、天気まで味方につけよんねん。

さて、そんなシンガポールの朝。(ホテルからの景観)
朝もやがかかってまんねん。
a0150573_15575289.jpg


ついでながら宿泊したホテルもご覧ください。
a0150573_15593744.jpg

メゾネットタイプのしゃれたホテル。
なんか、男同士で泊る部屋とちゃいまんなぁ(エヘッ)

へてから、タクシーに揺られながら現場まで。(タクシーの車窓から)
a0150573_1615836.jpg


さぁ、現場に到着!!!!
店舗前の参道からみたシンガポールの景観は圧巻でっせ!!

イーのおっさんは戦闘服、いや、違った、作業服に着替えてやる気満々・・・?
何をするつもりなん、このおっさん!?(お釜売るだけちゃうん)

ひょっとして、できもせん事やろ思うて、宮村の足引っ張ろちゅう算段かいなぁ・・・。(ジャマヤ・ジャマ)
a0150573_1664940.jpg


実は今回の仕事。2日間ちゅう制約付き。
ほんで、イーのおっさんも何か手伝うゆうて参戦ですわぁ。

怪我せえへんかったらええのになぁ。

無事を祈ってますぅ。

つづく




当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-11-02 16:08 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント ナポリ娘はシンガポールへ嫁ぐ 出発編
さて、さて!!
ナポリ・ピザ窯共同組合のご一党さんらは、いよいよシンガポールへ旅立ちました!!

「あんじょう行くやろかと心配」(汗)

空路は「伊丹」⇒「成田」⇒「シンガポール」と長旅!

イーの大将は準備万端のはずが・・・・。
成田で「わ、わ、忘れた~~~」といつもの塩梅。

何を忘れたかと冷や汗かくのは、宮と宮弟子。

実はイーのおっさん、飛行機乗る時の必需品を忘れはった。(ドナイショ、ドナイショ)
「睡眠薬」と「禁煙パッチ(ごっつい強いやつ」

なんや、しょ~むなぁ~と、宮と宮弟子。

しかし、今回の飛行機では、なんか普通やった、みたい。

さて、まずは大阪伊丹空港から成田へ出発!
a0150573_17582325.jpg


へてから、7時間かけていよいよシンガポール到着~~(うれし♪)
a0150573_17591143.jpg


降りた瞬間、東南アジアの熱気が「むぅ~~ん」と。

空港でクライアントの「水谷様」と初対面。(マイド、マイド)

タクシーでホテルまで一直線!

到着時刻は・・・たしか夜中の1時かなぁ。

小腹の一つでも空いたよってに、ぶらぶら歩いて美味しい中華を頂きました。

さぁ、明日からの2日間で煙突工事・・・・。

日本が世界に誇る板金職人「宮村浩樹」の妙技を篤とご堪能ください。

つづく。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-11-01 18:11 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ナポリ娘は大阪中津へ嫁ぐ
ここは大阪、中津。
弊社のオフィースの近所です。

イーのおっさん語調で言いますと。
「まぁ、ゆうたら糸電話の距離でんなぁ」と。

オーナーでピッツァイオーロでもある「宮本様」とはお店探しからのお付き合い。

暑いさなか、宮本氏とイーの二人はチ~リンコ(自転車の事です。すんまへん。)乗って、
あっち行ったり、こっち行ったり、咽乾いたゆうて立ち飲み行ってビール「ちゅ~~」ゆわして、
走り回る日々が・・・・。

ええ物件あっても施工会社が全くダメだったり、家賃高かったりで・・・・。

ほんで、当初からめぼし付けてた地域に、ごっついええ話が「コロコロコロ」と舞い込んできました。

これも「宮本氏」の強運がなせる技かと。

さて、お店が決まれば後はスムーズと思いきや!!!!
消防署に難くせつけられ、しゃ~~ないよってに、イーが消防の本局まで乗り込んで話付けてきました。

いや~~、その時のイーの大将の鼻息ゆうたら「フゴォ~~、フゴォ~~」えらい勢いでしたわぁ♪

しかし、自分の店持つゆうたら色んな困難が付きまといます。
それを乗り越えられへんかったら、その先の店の経営なんてとても無理でっせ!

さて、色んな困難を立派に乗り越えられた宮村様。
ほんま、よかったね!!

それでは、いつもながらの窯の搬入と我らが宮村の技を紹介しましょう。

株式会社ギルドの指定業者「アチハ株式会社」が窯を乗せて到着。
a0150573_17345752.jpg

今回はミキサーも空買い上げ。
「NECNOSUD」25キロタイプ
a0150573_173624.jpg

まずは窯の搬入経路にいつもの鉄骨を並べます。
a0150573_173736.jpg

へてから、ジャッキパレット車に木箱を積み上げて、
a0150573_17385836.jpg

その上に窯を下ろします。
a0150573_17392682.jpg

その際に架台脚も装填。
a0150573_17395932.jpg

架台脚が落ちないようにロープで固定
a0150573_17403574.jpg

へてから、へてから皆で「わっしょい、わっしょい」
a0150573_17411534.jpg

店内に入った窯の架台に「スライディングペーパー」を敷きます。
このペーパーは優れ物。。。なんと、少しの力であの重い窯が動くんです。
これで窯の位置の微調整を行います。その優れ物がこれ。
a0150573_17433385.jpg


さてさて、窯の搬入は無事終了。
さすがは「アチハ株式会社」!!
重量物を触らしたら右に出るもんはあらしまへんなぁ~~!

ここからは、日本が世界に誇る板金職人「宮村浩樹」の登場と相成ります。

まずは、外部からの煙突とアクアフィルターの結合。
a0150573_1746129.jpg

いつもの如く、あれよあれよという間に煙突が生き物のように「ニョロニョロ」と伸びていく!!
a0150573_17472874.jpg

ほいで、あっという間に完成!!
a0150573_1748687.jpg

ちょっと複雑な煙突配管。
これは、窯と外部煙突の間にアクアフィルターを設置するための必然的な結果。

特に、今回の店舗のように制限がある場合、タイル施工を意識して煙突が邪魔にならない
配慮をしています。

ここが「お客様目線」で施工する宮村の思いやり!!!!がまたまた出ましたね!!

さあ、いよいよ火入れ・・・いつも緊張する一瞬です。
a0150573_17562630.jpg


なんとも言えない美しさ・・・・

イー語調なら「よ~~~ゆわんわぁ」でんなぁ。


さて、ここでその全容をご覧ください。

「なんと言うことでしょ~~」
a0150573_17523223.jpg

黒い煤を含んだ煙ちゃんは窯のトップからアクアフィルターのファンに吸われてフィルター内へ。

そして、濃いミストシャワーをたっぷり浴びて、「きれい、きれい」なって煙突を上って行きます。

さぁ、これで全行程は終了。

後は、徐々に火入れを行い、最後にタイル装飾をされて、晴れてデビュー♪

宮本様。大変お世話になりました。
どうか、どうか、長蛇の列ができるお店にしておくんなはれ。
ほんで、列の警備に当たる警備員のアルバイトにイーのおっさんを使こて下さい。
と、イーが申しておりました。

すんまへん。



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-10-19 18:09 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯の輸出  ナポリ娘はシンガポールへ嫁ぐ 出航準備
株式会社ギルドが販売するピザ窯にシンガポールから注文が入りました(驚愕)

ほんま、インターネットちゅうもんは偉いもんでんなぁ。

まさか海外から注文が入るとは夢にも思てしません。

そんな訳でイーのおっさんのど頭(どたま)のてっぺんに白羽の矢がプッス~~と刺さりました。

さて、ここからが大変。

何で大変かゆうたら、送り先はシンガポール、海外やさかいにトラックでちゅうわけやない。

輸出やん、輸出!!!

早速、わてとこの指定業者アチハ株式会社国際輸送部に手配してもらう事に。

ピザ窯1基だけならそんな手間はいらんねんけど、煙突の資材や施工道具を
すべてパッキングリストに記載せなあきまへん。

なんと、ビス1本から・・・・品名(英語表記)、品番、縦横奥の寸法、メーカー、金額まで・・・・
100アイテム以上やったかなぁ!?

宮とイーで丸二日がかりでリストアップ(あ~しんど)

そんな、こんなで通関前の作業がこれ
a0150573_10424476.jpg

a0150573_1043487.jpg

a0150573_104463.jpg

a0150573_10441977.jpg


これで、やっと第一段階終了。

へてから通関。
税関職員がようさんやって来て、これ何?あれ何?これ何で出来てるん?
等など、ピザ窯の輸出が物珍しいのか通常よりようさん来られてましたわぁ!

御苦労さん。

そして、税関職員の太鼓判もうて、いざ、コンテナへ積み込みがこれ。
a0150573_10501653.jpg

a0150573_10503177.jpg

a0150573_10504693.jpg

それにしても、餅は餅屋でんなぁ。

コンテナに積み込んで固定する作業をラッシングっていいまんねん。
手慣れた職人が見事にコンテナの床に固定。

あそこまでせなあかんのか~~~と感心する事しきりのイーのおっさんでありました。

さぁ、これで輸出準備は完了。
後はお船で、「どんぶりこ~、どんぶりこ~」ゆうてシンガポールまでの旅立ち。

どうか、どうか、無事に予定日までの入港を祈るばかり。

21日に入港してシンガポール税関を通関し、手元に届くのが26日の朝。

イーと宮と宮弟子の3人で施主さまの店舗で「わっしょい、わっしょい」いいますぅ。

今回は遊ぶ暇なしの突貫工事。

気ぃつけて事故なし、怪我なしで頑張らなあきまへん。





当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-10-18 11:01 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ナポリ娘は東京へ嫁ぐ 煙突工事
花のお江戸へのクラシコ3(CLASSICO3)の搬入は無事終了。

その詳細は前回の記事をご覧ください。

現調を終えた宮村は一旦帰阪。

そして、煙突素材をこしらえて再度上京。

オーナーの後藤さんは宮村の到着を今か今かと首を長くしてお待ちのご様子♪

待ちかねたオーナーの後藤さんは到着した宮村を見るや否や、激しい求愛!!

そして、タジタジの宮村!!

(ここまではわての勝手な想像)

さて、話は現実に戻り、煙突工事の一部始終をご覧ください。

①いつもの如く、壁に貫通材を取り付け。
a0150573_940393.jpg


②今回は東京都内での消防検査に対応するために防火ダンパーを取り付けました。
a0150573_9411726.jpg


③そしていつもの如く、手際よく店内用のシングル管を取り付け!
a0150573_9444463.jpg


④一方、外部煙突工事に必要な足場は、江戸っ子の鳶職人の手で組み立て!
a0150573_9455117.jpg


きっと、花のお江戸の鳶職人達は気風よく
「てやんでぇ、オラオラ、どきなぁ、どきなぁ!」とか
「なしにてんだぁ、てめぇ!!」とか
「ボヤボヤしてるってぇ~と、日が暮れっちまぁ」とかゆうたんとちゃいますぅ?

か、かっこええ~「江戸弁」・・。

え~~、実はイーのおっさんは生粋の江戸っ子!
普段は大阪弁しかしゃべりませんけど、今回のお江戸ではバリバリの江戸弁をしゃべっていました。
(真っ赤なうそです。ポリポリ)

昔からイーのおっさんは「江戸弁」に憧れを持っていました。

イーのおっさんは「いつか必ずかっちょええ江戸弁しゃべったんねん」と
申しておりました。ハイ。

さて、脱線した話をもとに戻し、
⑤あれよあれよ言う間に外部煙突は完成!
a0150573_9593237.jpg


その外部煙突を遠目から見てみましょう!
a0150573_1042060.jpg


先ほど紹介した内部煙突の長さに比べ外部煙突はかなりの高さ!
十分な煙突効果が期待できまんなぁ♪

ここで、「煙突効果」を再学習しましょう!
横引きと縦引きの長さの比率で煙突(排煙)効果が変わるものです。
基本的には横引き1に対して縦引きは2以上の割合が最低でも必要とされています。

これらを詳しく解説されているページはココ。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2908073.html

今回の煙突スペックは「自然排煙」
つまり、強制排気等の機器は使こてまへん。
まぁ、理想的な排煙システムちゅう訳でんなぁ!

工事も完了し、ご満悦なオーナー様と宮村の記念撮影(パチリ)
a0150573_10193067.jpg


さて、さて。
いよいよ火入れです。
a0150573_10204650.jpg


宮村によれば極めて効率のよい排煙であったとの事。
さすがでんなぁ。

日本が世界に誇る板金職人「宮村浩樹」
今ではピザ窯煙突では押しも押されぬ第一人者。

オーナーの後藤様もナポリ娘(CLASSICO3)もさぞ満足でしょうね♪

実は今回の煙突工事にはイーの大将は行ってしまへん。
なんでも、なにわで忙しいゆうて不参加でんねん。
よってこの画像はすべて宮のカメラでの撮影。

その後、イーとオーナーの後藤さんとの間で何か密約があったとか無かったとか!?
イーのおっさんが何か口を滑らしてとんでもない約束が成立したとかしなかったとか!?

色んな噂が飛び交っているそうです。。。。。

この記事を読んだオーナーの後藤さんは、きっと、ほくそ笑んでる事でしょう♪

お疲れさん。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-08-30 10:33 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ナポリ娘は東京へ嫁ぐ 搬入当日
花のお江戸での大宴会も終わり、一夜が明け本日は「マリオ・アクント社製」のピザ窯 クラシコ3(CLASSICO3)の搬入です。

やって来たのが東京は世田谷、小田急線の祖師谷大蔵。
この界隈はあのウルトラマンの円谷プロがある由緒ある街。
a0150573_1075156.jpg


今回のオーナーである後藤様の店舗は「ウルトラマン商店街」
さすがわ東京。やることが粋やわぁ。

なんでかて?
それは百聞は一見にしかず。
a0150573_1071545.jpg

どないでっか?
街灯までがウルトラマンのフォルムデザイン!!

さて、現場到着時には既にトラックが待機。
a0150573_10195423.jpg


今回の搬入はオーナーの後藤様が手配された日通(重量部)
なかなか手馴れたものでした。

さぁ、その搬入を順を追ってご紹介しましょう。

①先ずは、ユニックで吊り降ろし、その場で架台脚を取り付けます。
a0150573_1037258.jpg


②架台脚を窯に固定します。
a0150573_1039120.jpg


③ジャッキリフトで店内までゆっくりと!
a0150573_10404183.jpg


④オーナーの後藤様が窯の向きを決定します。
(箒をパラに見立てて)
a0150573_1042283.jpg


⑤窯の向きを微調整して搬入完了!
a0150573_10462367.jpg


オーナーの後藤様はじめ関係者の方々、本当にご苦労様でした。
この場をお借りし御礼申し上げます。

どうか、ナポリ娘を大切に、大事にしてくださいね。

おおきに、ありがと♪

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-08-24 10:49 | 実証・ピザ窯設置現場
| ページトップ |
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin