「ほっ」と。キャンペーン
Top
<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ナポリへの仕入れ旅 ピザ窯販売 マリオ・アクント その1
今回のナポリ旅はナポリピザ窯共同組合として、わてと宮村の二人旅。
前回は宮村の超過密スケジュールの為、わて一人でした。

今回の仕入れは沢山の方々から予約もあってコンテナ2台分。
更には、ナポリでも有名なミキサーメーカー訪問と仕入れを兼ねた旅になりました。

大阪弁しかしゃべれへん2人。
さて、どんな旅だったかをシリーズでご紹介しましょう!
それでは盛大な拍手を持ってご覧ください!!!(パチパチパチ)すんまへん。

いざいざ、目指すはナポリ!気合十分なスカタン二人は意気揚々と関空へ
a0150573_22163816.jpg

ちょっと!宮村君。
そのラフな格好は何なん、仕事やで、仕事!


あちゃ~~!このおっさん、何考えてんねん。
宮村どころか、どっか南の島にでも行く気ぃかいなぁ。
a0150573_22183730.jpg


すんまへん、皆さん。この二人にはわてからちゃんと言い聞かせますよってに、
堪忍しておくんなはれ(誠にすんまへん)

さぁ、関空に到着。
ところがイーのおっさんは、
「汗かいたよってに、シャツ着替える~~」ゆうて、あろう事か、関空のロビーで
スーツケースをボッカ~~んと開いて下着出しだした!
ほんで「宮村、ちょっとこれ見といて」ゆうてスーツケース開けっ放しでトイレへ
a0150573_2227469.jpg


どんならんおっさんやで。

【出発編おしまい】

次回はナポリ初日 積み込み編へつづく


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-31 22:31 | ナポリ
スカタンはいづこへ
え~皆々様。
わてらナポリピザ窯共同組合一党は明日からナポリへ出張に行ってきまっさ!
ここも暑いけんど、あっちも暑いやろな~(どないしょ!)

ご一党さんゆうたけど、ほんまは二人。(イーと宮)
わてらスカタン二人は大阪弁しかしゃべられしません。

そやのに、ミキサーメーカーに乗り込んで商談する算段でんねん。
「ちょっと無理あんのんちゃいますぅ」ちゅう忠告を全く耳に介さず知らん顔のわてら!?

まぁ、ゆうても海千山千のお人が一人いてますさかいにイーは安心だす。(エヘッ)
ここまでゆうたらそのお人は誰か分かりますやろ。(宮○浩○でんがなぁ♪)

ナポリに着いた初日は、わてらとサルバトーレの若旦さんと冷えたビール「ちゅ~」ゆわしておしまい。
翌日が天王山でんねん。

まぁ、聞いておくんなはれ。
キョーレツなハードスケジュール!
注文したお釜、あんじょうでけてるか?のチェック。
手配したコンテナにあんじょう積み込むかの立会い。

へてから、次のコンテナに残ったお釜の積み込み。
そのコンテナの運ちゃんの横乗ってミキサーの会社へ!

運ちゃんにメシおごって機嫌とってる間に、わてはミキサーの会社へ。
そこの営業マンと商談して値切り倒して、ミキサー積んで、さいならバイバイ。

ほんで、首尾よく行ったらその晩はアクントファミリーと打ち上げでんなぁ。

翌日は、あのナポリの板金街へ、日本が世界に誇る宮村が乗り込みまんねん!
えらいこっちゃ!

宮村が当時の首相「小泉はん」からもうた印籠をさげて、
「どやぁ、どやぁ、見てみ~~、この郵政民営化の旗印が見えんかぁ」ゆうて。(何の関係?)

どないなるやろ!?
きっと、そこらじゅうの鉄板どつき倒してナポリ職人を「あっ」とゆわせよんで!!!!

わては、高みの見物。

ほんで、その後、ナポリの板金職人と安酒のんで「へんべれけ」。

後の日程はここでは言えまへん!!
しっかりと学習してきまっさ。

なにを学習するかはお楽しみ!

さてさて、
最後に今回の仕入れは以下の通り!予約はお早めに!!!!

CLASSICOシリーズ(薪窯)
品名
内径
外径
高さ
重量
在庫状況
CLASSICO2 2枚焼
90センチ
120センチ
204センチ
1200㌔
〇 (9月下旬より)
CLASSICO3 3枚焼
105センチ
150センチ
208センチ
1600㌔
〇 (9月下旬より)
CLASSICO5 5枚焼
120センチ
165センチ
208センチ
1900㌔
〇 即納可
CLASSICO7 7枚焼
130センチ
175センチ
208センチ
2300㌔
〇 即納可

COMBOシリーズ(薪とガス併用窯)
品名
内径
外径
高さ
重量
在庫状況
COMBO2 2枚焼
90センチ
120センチ
204センチ
1200㌔
予約注文可
COMBO3 3枚焼
105センチ
150センチ
208センチ
1600㌔
〇 (9月下旬より)
COMBO5 5枚焼
120センチ
165センチ
208センチ
1900㌔
予約注文可

COMBO7 7枚焼
130センチ
175センチ
208センチ
2300㌔
予約注文可
Double COMBO 12枚焼
190センチ
235センチ
208センチ
2900㌔
予約注文可



わてらの帰国は7月末日。
それまでは電話にでれまへん。すんません。
よかったら、このメルアドまでお願いしますぅ。すんまへん。
a0150573_6523468.gif


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-8228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-26 00:13 | ナポリ
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ナポリ娘は青森へ嫁ぐ 搬入本番
いよいよ、搬入当日。
二日酔いぎみで7時に起床。(あのグラッパが効いたのか、それともあそこで・・・)
反省して改心しました。

さて、集合時間の9時。笹森シェフの2号店になるピッツェリアに到着。
ここは弘前のメインストリートで色んなイベントが開催される一等地!
a0150573_14304178.jpg


お店の前では搬入のための強力・猛者達が待機。
a0150573_14311789.jpg


そこへ神戸からの長旅を終え、我がナポリ娘が到着。
a0150573_14325842.jpg


そして、そ~っと指定位置までユニックで!
a0150573_14334535.jpg



今回の搬入は青森の「ワイズクリエーションの工藤様」の手配。
あらかじめ打ち合わせをしたり、以前の搬入実績をお知らせいていたので、見事な搬入用架台を製作されていました。さすがプロやね♪
a0150573_14363655.jpg


ちょっとヒヤリとした事もありましたが、一応トラックからナポリ娘は着地。
その後、10tレッカーを呼び店の軒下まで入れようとしたんやけど・・・・・・。
10tレッカーの釣り代が大きいため軒下ぎりぎりまでで着地。
a0150573_1439712.jpg


あとは、強力・猛者達の本領発揮!
「せ~の、せ~の」で店内まで移動。
a0150573_14402627.jpg


ほんで、定位置に鎮座したクラシコ5の雄姿をご覧ください。
a0150573_14412527.jpg

広い店舗なのでナポリ娘は小さく写ります。

最後に、鎮座したクラシコ5の前で記念撮影。
a0150573_14423338.jpg

右から、東北イタリアンの雄、笹森シェフ。
中央は、横浜から「たのも~~」とゆうてきはった毛利京平君(きょ~ぺいと読みます)
左は、東北美人を代表する笹森シェフの奥方さま。

ちょうど、お昼時で終了したので、昨日大阪のおばちゃんに聞いたお蕎麦屋さんへ。
でも、笹森シェフは自家農園まで畑仕事にいかれました!
(仕事一筋、ええ感じでんなぁ)

さて、その蕎麦屋さんは有名店。店構えを見ても一目瞭然。
a0150573_14484869.jpg


奥方さま、きょ~ぺい君、ほんでわてと3人で仲良く蕎麦「ズルズル」ゆわしました。
a0150573_14494541.jpg


奥方様、お蕎麦ごっつぉさんでした。

今回の弘前訪問は心に残ることばかり。
色んな人に出会えてたくさんの刺激をもらいました。

ここで、笹森シェフのピッツェリア構想を紹介。
今回の店舗は2階建。
2階も客室にするのかと思いきや!ちゃうねん。

なんと、2階はモッツァレラ工場にすんねんて!!!!!!!!!
こんなピッツェリアどこ探してもあらしまへんで!!!!!!!!

2階から出来たてのモッツァレラを籠なんかに入れてお客さんの横を通るんやろなぁ♪
そら~~目ぇ引きまっせ!

へてから、お客様に試食なんかもしてもうたり・・・・・。
なんかそんなん想像しただけで・・・う、うれし♪

絶対、この街の人々の自慢になるわぁ!!!!!

自分が経営する店が、地域の人々の自慢の種になる。
こんなうれしいことあらしません。

ほんま、仕事見冥利に尽きまんなぁ。

東北イタリアンの雄、笹森シャフはじめ関係者皆さん。
大変お世話になりました。

わて、弘前には切っても切れへん縁を感じてますぅ。
モッツァレラ工場完成の暁には、ピッツェリアオープンの暁にはどうかお誘いください。

わて、飛んで行きますわぁ!

おしまい。

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-24 15:07 | 実証・ピザ窯設置現場
ピザ窯販売 ナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ナポリ娘は青森へ嫁ぐ 前夜祭
え~、前回に続きマリオアクントCLASSICO5の設置に青森まで行ってきました。
a0150573_1652125.jpg


青森とゆうても弘前。
弘前ちゅう街は、ものごっついええ街でっせ!

「どこがええ街やねん?」と聞かれても・・・それは言えまへん。(汗)

さて、今回のお客様は「東北のイタリアンの雄」とまで言われた
イタリア料理店「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」。その店のオーナーシェフ笹森様、その人だったんです!

彼の評判はココを見ておくれやす。そら~びっくりしまっせ!

ホテルに着くや否や、わてはあわててタクシーに飛び乗り、目指すはイタリア料理店「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」
けんど、ちょうどその日は地域の学生さんのねぶた祭り!!!!
道ちゅう道は大渋滞!しゃ~ないからタクシー降りて徒歩でテクテク。
その学生さんのねぶた祭りがこれ
a0150573_17214241.jpg


やっとの思いで到着!
笹森シェフや東北美人を絵で描いたような奥方様にお出迎えを頂きました。

さぁ、まずは食事。
「東北の雄」とまで言わしめた笹森シェフ自家製の生ハムを!!
a0150573_17243100.jpg


何種類あったやろかぁ?
それぞれ説明してくれましたが、アホはわてはいっぺんでよう覚えへん。すんまへん。

ここで、一言いわしておくんなはれ!
この生ハムの中でイノシシの脂身!
正直、脂は嫌いなわて、残したらあかんので最初に「パクッ」・・・・・なんやこれ!
口の中でホワァ~ン・・・ほんで後からええ香り・・・よ~ゆわんわぁ。
堪忍しておくんなはれ。
イーのおっさんはしばし「ぼ~~~っ」

ここからは声を大にしていわしてもらしまっさ!
なんばでも食べれるやん。酒(ワイン)ごっついすすむやん。

へてから、パスタに自家製チーズの数々。
偉いもんでんなぁ。ここまでこだわってる料理人いてしまへんで!
あんまし旨かったんで写真撮るのん忘れてもうたやんけ!

ほんで、ここからが圧巻。
テーブルの前でモッツァレラチーズをこしらえはんねん。
そら、びっくりしましたわぁ!!!!!!

さぁ、行くでぇ!
まずは、あらかじめ作られたカードをおもむろにカット。
a0150573_17291095.jpg


へてから、熱いお湯かけまんねん。
a0150573_17294683.jpg


へてから、カードがひと塊りになるまで、モミ、もみ、モミ、もみ、とモミ倒しますねん。
あんじょうな粘りになったら・・・・・・
「にゅ」
a0150573_17315961.jpg


また、「にゅ」
a0150573_17323261.jpg


冷えたお水に「ぽっと~ん」
a0150573_17331784.jpg

きゃ~~ぁ、かいらしいモッツァレラのややこの出来あがり~~(パチパチパチ)

どないでっか!偉いもんでんなぁ(感心、感激、感動)やん♪

そんな圧巻の最中に、横のおなごはん達も一緒に観戦。
どうも、大阪におるみたいな感じやとおもとったら、そのおなごはん達も大阪から・・・!(大阪弁が聞こえる)
それも、その一人はわてのお隣の区、福島区から来てんて!

またまた、びっくり!
悪い事はでけまへんでぇ、どこでだれが見てるか分りまへん、気ぃつけなはれや(誰にゆうてんのん?)

その後、お客さんも引けて、シェフ・奥方はん・今度就任するピッツァイオーロのきょ~ぺい君と、
酒盛り(宴)

帰りに笹森シェフご推薦の弘前一のええとこへ。

笹森シェフ、この度は「マリオ・アクント」のお買い上げ誠にありがとうございました。
今後ともひとつよろしゅ~おたの申します。

弘前の夜は更けていき、わてはホテルに着いて気絶しました。

つづく。





当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-23 17:55 | 実証・ピザ窯設置現場
イタリアはナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ピザ窯販売 ナポリ娘は青森へ嫁ぐ
ピザの本場、イタリアはナポリの老舗ピザ窯メーカ「マリオ・アクント社」CLASSICO5の搬入です。
今月はこれで2基目の出荷となります。来月は3基の出荷予定。

さて、ナポリ娘の嫁ぎ先はいづこ?!
なんと、青森なんです。

神戸の実家からは2日間の旅。
酔い止め飲ましたかったなぁ~!

はい、そんなこんなで朝9時にショールーム兼倉庫へ集合!
緊張気味のわては朝5時30分に起床。
テラス畑で水やりに精出して、洗濯して、ほんで干して、メシ食べて、何して、いざ出発。

神戸のショールームまではわての家から阪神電車で1本。
甲子園球場を横目に三ノ宮まで40分弱。
神戸の街はええなぁ。街並みの後ろはすぐ山やねん。
坂のある街は、なんか憧れる~~っ。
a0150573_167367.jpg


時間に余裕を持って到着したにもかかわらずナポリ娘はもうスタンバイ(早ゃ)
a0150573_1611568.jpg


今回の配送は前回と同じ重量物総合取扱の「アチハ株式会社」様。
a0150573_16414653.jpg

あんじょうべべ着せてもうて。

a0150573_16432124.jpg

動かないようしっかり固定。
ほんと、手際がいいんですよね!

さてさて、こうしてわてのナポリ娘は、遥か青森まで旅立って行きました。

もちろん、わても翌日から1泊2日で青森まで追っかけ。
この目で見届けてまいります。

つづく


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-20 16:50 | 実証・ピザ窯設置現場
株式会社ギルド 特製 木製挿入パーラ 完成 販売開始
ナポリ・ピザ窯共同組合で設計・製作していたピザ用木製挿入パラが完成しました。

わての古くからの友人つーさんが、材質選び・型の製作・パラの切り出し等、木製パラ本体の製作を担当。
彼は「家具職人」であり「建具職人」であり「大工さん」でもあることは以前に紹介済み。

そして、真鍮エンブレムは我らが宮村浩樹が担当。

真鍮エンブレムに「エッチング」するデザインとそのカッティングシートまで製作はわてが担当。

三者の連携作業でかなり完成度の高いピザ用木製挿入パラが完成しました。

さて、その製作工程をご紹介。

1)木製挿入パラの本体の工程はココをご覧ください。

2)次にお客様と打ち合わせて真鍮エンブレムのデザインを「photoshop」と「Illustrator」で
版下を製作後、ステカのカッティングマシーンでマスキングテープをカットします。
a0150573_664865.jpg

ここまではわての仕事。

3)ここからが宮村の作業。
カッティングしたシートを真鍮に貼り付けて、不要な部分を慎重にはがします。
これがまた大変な細かい作業。デザインによっては字と字の間隔が狭かったり、細い線をはがしたりと。
それは、それは大変神経を使う繊細な作業。
a0150573_6125197.jpg

いや~御見それいたしました。
日本が世界に誇る板金職人、または、ピザ窯煙突の第一人者である宮村があんな細やかな作業をこなすなんて信じられない。しかし、その技術があってこそ、あの数々の作品が出来上がるんでしょうね!

不要な部分をはがした状態がこれ。
a0150573_6193322.jpg


へてから、保護すべき真鍮部分もマスキングします。
a0150573_6204019.jpg


4)お次は露出した真鍮部分を特殊な液体で侵食させます。その液体がこれ!
a0150573_6221671.jpg


さぁ、いよいよその液体に真鍮プレートを漬込みます。そのことでデザインされた絵柄や文字の部分がへっこみます。
a0150573_6243235.jpg


そして、まるで「ゆりかご」を揺らすように液体を攪拌します。そのことで真鍮の侵食が進みます。
a0150573_6263186.jpg


そして、待つこと2時間30分。見事にエッチングされたエンブレムが完成(パチパチパチ)
a0150573_628454.jpg

a0150573_6282838.jpg


5)お次はエンブレムの端に釘穴を空けます。慎重にね!
a0150573_6295760.jpg

必然的に裏側に出っ張りができてしまうのでヤスリをかけます。
a0150573_6311367.jpg


6)さぁ、最終工程。真鍮エンブレムを木製パラにはめ込みます。
a0150573_6323540.jpg

a0150573_63347.jpg


これで完成。その全容を篤とご覧あれ!
a0150573_634441.jpg

a0150573_6344864.jpg

a0150573_6342663.jpg


さて、いかがでしたか?
世界で一つしかない木製挿入パラの製作工程!けっこうな手間隙がかかっています。

また、これ以前に多方面からご注文いただきました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

真鍮エンブレム入りパラの本体在庫はあとわずか。
エンブレムなしの木製パラはまだ在庫があります。

この機会に是非オーダーください。詳しくは下記の電話までお待ち申し上げます。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-14 23:51 | 木製挿入パーラ
イタリアはナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ピザ窯販売 火入れ式
本日は引き続き大阪市都島区東野田にある「pizzeria e trattoria Fortissimo」さんへのマリオアクント クラシコ5の火入れシーン。

何度行っても緊張する火入れ式(おおげさかなぁ)
いや、とんでもない!!オーナー様にすれば「さぁ、いよいよ!」ですね。

店内は工事の真っ最中!まだまだ雑然としています。
a0150573_19302757.jpg


まずは、何時ものごとく水フィルターのスイッチON!!
a0150573_19311277.jpg

ホント!静かですね。 優れものですね。 これって街中では必需品と言っていいでしょうね。

さて、いよいよ緊張の一瞬。
紙入れて、細い薪いれて、へてから何いれて!
a0150573_1933391.jpg


ほんで「ボォ!」
a0150573_19333776.jpg

キャ~~素敵ぃ!

じっと見守るオーナーはん。
a0150573_19411687.jpg

約十何年か前の自分を思い出す。。。。。
顔が熱で火照っても長い間見つめていたあの頃が懐かしい。

本日は火入れの初日。3時間ほどで終了します。
日を追うごとに時間を増やして火入れをします。
しっかり水分を飛ばす為。

そして、下地にしっかりとヒビ割れを入れます。
その後、思い思いの装飾に入ります。

さてさて、どんな美味しいピッツァを食べさせてくれるんでしょね。
ごっつい、楽しみ!!



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-12 19:42 | 実証・ピザ窯設置現場
イタリアはナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ピザ窯販売 昨日のつづき
さて、マリオ・アクント クラシコ5は、重量物総合取扱の「アチハ株式会社」の手慣れで極めてスムーズに設置完了。
「アチハ株式会社」の皆さま、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

お次は、日本が世界に誇る板金マスター宮村の登場。
工程はいつものごとく貫通管からの取りつけ。(壁に煙突を通す工事)
a0150573_12474121.jpg


お次は外部煙突工事。
今回はあの優れ物「水フィルター」を設置するので屋上まで上げず、ビルの横方向へ!
a0150573_12482691.jpg

a0150573_12484240.jpg

a0150573_12485777.jpg

どうですか?
サクサク進みます。これ鉄人が故に成せる技。
まるで生き物のようにニュルニュルと延びていくよう!
偉いもんでんなぁ。

ここで、「おやっ?」と思われた方もいらっしゃるか。。。と。(思てなかったらガッカリ)
この煙突のTOPの形状!?
正義のヒーロー「ウルトラマン」を倒した「ゼットン」に似てませんか?(そんなん古すぎて知らん?)

TOPを2方向に分け、更にその根元から空気を取り込みます。
この事で、排煙は通常より空気に拡散され、煙は「見た目」ではかなり薄くなります。
いや、見えないくらいに薄くなります!!キャッホ~~♪

さぁ、あっと言う間に外部煙突工事は完了。
お次は内部煙突工事。

まずは、その優れ物水フィルターをご覧あれ。
a0150573_12495438.jpg


そして、ピザ窯と水フィルターを接合。
a0150573_12503276.jpg


ざっとですけどこれで一通りの工事は完了です。
a0150573_18141025.jpg

a0150573_12512311.jpg

ナポリの老舗ピザ窯メーカー「マリオ・アクント」のクラシコ5と水フィルターのコラボ!
鬼に金棒・・・どころか、それに核弾頭をプラス!!ぐらいの最強コンビと言っていいでしょう!

この後、電気屋さん・水道屋さんが水フィルターに命を吹き込みます。
火入れ式は来週の月曜の予定。

中川様、今回はマリオアクントの採用ありがとうございました。
どうか、わが娘を宜しくお願い申し上げます。(いじめちゃダメよ)

また、株式会社ギルド特製の木製挿入パラの真鍮エンブレムも着々と進んでいます。
今しばらくお待ちくださいね。



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-08 18:44 | 実証・ピザ窯設置現場
イタリアはナポリのピザ窯 マリオ・アクント設置工事 ピザ窯販売
今回は大阪市都島区東野田にある「pizzeria e trattoria Fortissimo」さんへのマリオアクント クラシコ5の搬入シーン。

私は前日から神戸のショールームへ出かけ「クラシコ5」の宵積みに行ってきました。
a0150573_20522543.jpg


今回より以降のピザ窯搬入は、重量物総合取扱いの「アチハ株式会社」に全面的にお願いする事になりました。
ここの会社は重量物取扱の超老舗でかつ超ベテラン。
会社へ訪問した際に度胆を抜かれましたわぁ!
なんせ、超重量物運搬車両の数々。ピザ窯の2tなんて恥ずかしくて言えないような雰囲気。
それに取り扱う品物はそんじょそこらの重量屋さんには到底手を出せないものばかり!

まぁ、百聞は一見に如かず。
「アチハ株式会社」のすごさを篤とご覧あれ!
http://www.achihagumi.co.jp/
ほんと心強いの一言。

さて、そのあまりにもスムーズなピザ窯搬入シーンをご紹介します。

まずは、店先に到着した4tユニック車。
a0150573_2134685.jpg


そして、搬入経路に敷かれた鉄骨。
a0150573_2142853.jpg


いよいよピザ窯を車上から降ろします。
a0150573_2152885.jpg


店内では天井が低いので店先で架台(ピザ窯の足)を取りつけます。
a0150573_2163117.jpg


後は、ジャッキの台車で店内へ
a0150573_2172314.jpg


最後に窯の方向を微調整して設置完了。
a0150573_218691.jpg


正味、かかった時間は1時間30分ほどやったかなぁ。
兎にも角にも、あまりのスムーズさに驚くばかり。
いままで色々搬入シーンを見てきましたがこれほど上手なのは初めて!

御見それいたしました。パチパチパチ。

さてさて、ここからは我らが宮村の出番。
当店舗は現在の日本で一番(だと思う)水フィルターを設置します。
そのシーンは次回のお楽しみ。

つづく。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-07-07 21:16 | 実証・ピザ窯設置現場
| ページトップ |
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin