Top
ナポリ ピッツァ窯販売 ナポリ仕入旅 2011.5 二日目
ナポリ滞在2日目がやってきました。
日本では台風2号の影響で暴風雨との事。

何か申し訳ないのですが、ここナポリでは快晴続き!
a0150573_188357.jpg

本日の予定は午前中はナポリ市内の散策、その後カプートカップが開催される会場へと

まずは散策途中の画像を紹介!
a0150573_18111026.jpg

画像右下のナポリの大将とイーの大将は何の関係もあらしません。
しかし、この兄弟分みたいなお人が偶然とは言え・・・入ってるとは、
ここナポリで何かの縁ちゅうもんを感じまんなぁ~!

へてから、イーのおっさんはちゅうたら、まだ二日目やゆうのに、イタ飯飽きた~~ゆうてわがまま三昧。
しゃ~ないよってに、海岸沿いの「ネッロ」ちゅう日本食レストラン行って、あのスカタンが注文したのは「ラーメン」なんです。
イーは無類の麺好き、日本食レストランで何でラーメンやねんといぶかる私をよそに、ええ機嫌でビールをちゅ~~~いわしてました。

しかし、さすがのイーも出てきたラーメンちゅうのを見てしばらく呆然。
けんど、まぁゆうてもここはナポリ。なんでやねん~~~!ゆうてもしゃ~ないさかい、気ぃとりなおしてズルズルいわしてはりました!

ほんで、アホが3杯もビールちゅ~いわしたおっさんの低落がこれ。
a0150573_1822105.jpg

ちょっと、堪忍しておくんなはれ! と思わず発したのは、このブログの筆者ことローでございます。
なんぼなんでもこのエグイ極悪おやじだけは何とかしなあきまへん。
思わず風呂敷かなんかで顔包もうとしました。すんまへん。

イーのおっさん本人はええ塩梅。
下手したら、「どこぞでもうちょっとちゅ~~行こか~」と言いかねない勢い。
そこで、わたくしがカプートカップ会場でがんばってる牧島さんへ連絡を入れ、
そこでジャンクフードしか食べていない若きピッツァイオーロの方々へ差し入れのおにぎりを提案。

それを聞いたイーの大将は小膝の一つも叩いて、「それええやんけ~~」とえらい鼻息!
そこで、通訳の庸子さんと相談の結果。
彼女は一旦帰宅して、炊飯器いっぱいごはんを炊き、なんとおにぎり40個をこさえました~!
(パチパチパチ)

やがて夕方になりサルバトーレ氏・イー・庸子さん、目指すはカプートカップ会場!
a0150573_18365286.jpg

どでかい会場を見て圧倒されながら中に入るとこんな感。
a0150573_1838433.jpg

キョロキョロしながら日本ブースを探してたらありました、見つけました!
そこには顔見知りの面々が!
a0150573_18404266.jpg

そこで、庸子さんが作ってくれたおにぎりを渡すと皆さんから歓迎の拍手が・・・!
イーは感極まりしばし「ううううっ」と涙をこらえ、棒立ちのまま空を見上げてました。
(しかし、このおっさん、おにぎりに関しては何もしてまへん。ハイ。)

早速、牧島さんが記念撮影をと、ピッツァをもっていざ被写体に!
a0150573_18443577.jpg

ほんと牧島さんって誰にでも優しい気配りのできる方なんですね。
う~~んすんばらしいとはイーの言。

さて、ここからは一気にそのピッツァフェスタをご紹介しましょう。
a0150573_1847765.jpg

来客と記念撮影
a0150573_1848583.jpg

男の子のピザ生地曲芸
a0150573_18493193.jpg

日本人スタッフ全員がステージに招かれ大震災復興のアピールを!

そしてあっという間に時間が過ぎ。
最後にサルバトーレ氏も復興支援の募金を行いました。
a0150573_18515295.jpg


ホテルに帰ったのは12時を回ってから。
本日も大変有意義な一日となりました。

明日は滞在の最終日。
さて、どんな展開になりことやら。

乞うご期待!!

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-05-29 18:57 | ナポリ
ナポリ ピッツァ窯販売 ナポリ仕入旅 2011.5
東北大震災炊き出し用ピッツァ窯 マリオ・アクント クラシコ7の火入れ作業の中、
イーの大将は、またまたナポリ出張の旅に単身でかけました・・・

しかし、今回はこのブログの筆者、私、ローも同行させて頂く事になり、
もう、うれしくて、うれしくて・・・・喜びの涙にむせびながら、ここナポリにて筆をとっております。ハイ。

さて、いつもながらの定宿に着いたイーは、心やさしいサルバトーレ・アクント氏からプレゼント
された、ビールやおせんを片手になんぞ一生懸命にサルバトーレ氏と談話!
(ビールやおせんもうてんのに先に礼の一つも言わんかいなぁ 汗)

へてから、そのあとはビールがぶ飲みして気絶しはりました。

翌朝、いつものテラスで朝食を済ませ迎えに来てくれたサルバトーレ氏といざ工場へ。
a0150573_16305997.jpg

着くや否や昨夜から聞かせてもらっていた、マリオ・アクントの4つの大改良を
マリオ・アクント氏と熱く熱く語り合う両者がそこに!
a0150573_16301058.jpg

それにしても、大阪弁とナポリ弁でよう分かりあえまんな~~
まぁ、ええわぁ、ほっとこ。

そして、今回の窯も無事積み込み完了。
その労を労うと共に、若きマリオ・アクント社の職人と記念撮影。
a0150573_1636924.jpg

しかし、まぁ~~何ちゅうたらええのか、
「ハイ、お兄ちゃん、チーズ、チーズゆうねんで」ってゆうてんのに・・・・
笑ろてんのわイーのおっさんだけ!?

「着いたときから愛想ええお兄ちゃん達」やのに何で写真やゆうたこの顔!?

後で聞いたら、「チーズ」ってイタリア語ではフォルマッジらしいやん!
ほんで、このおっさん何ゆうてんねやろと、こんは顔してはってんや~~(失敗)

お次は、ひと汗かいた~~ゆうて(なのもしてないくせに)
腹へった、腹減ったゆう、うるさいスカタン、あああっ、違ったイーのおっさんが向かった先は
マリオ・アクント設置店のそら~~もう綺麗な何ちゃらゆうお店へ!
a0150573_1650660.jpg

a0150573_179383.jpg


へてから、イーの大好物のこれ食べて!
a0150573_16512725.jpg

しかし、何でんなぁ~サルバ氏とイーのおっさん、好みはおんなじで、おんなじパスタを
ものもゆわんと、ただただ黙々と食べてましたわ~~

ご両人、よっぽど腹へってましたんやなぁ~

さぁ、ポンポン一杯になった我々は一旦ホテルで一休み。
その後、サルバ氏とイーの二人はナポリ郊外のものごっつい大きいショッピングセンターへ
出かけたのであります。

その帰路、またもや別のマリオ・アクント設置店でディナーをいただきました。
a0150573_16572298.jpg

けんど、ここのピッツァイオーロの大将も腕にエエもんもん入ってまんなぁ~~
粋やね~~よ~~写りまんなぁ~~

え~~、オッホン、日本の若きピッツァイオーロの諸君。
なんぼかっこええゆうて、軽はずみにこんな真似したあきまへん。

日本ではもんもん入った人は公衆浴場だけではなくプールにもいけまへん。
気ぃ付けなはれや~~

そんなこんなで早くも初日は終了だす。

そこのお店の若だんさんとイーは早速うちとけ、イーのやすもんの手品で大喜び!
若だんさん曰く。

イーの大将、今後はわてとあんさんはマブダチやでぇ、やて(笑)

ハイ、その若だんさんはこのお方
a0150573_1745285.jpg


翌日はいよいよ、カプート・カップ 世界ピッツァ選手権会場で開催されているピッツァフェスタ
へ行ってまいります。

乞うご期待!


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-05-28 17:12 | ナポリ
マリオ・アクント コンボシリーズ 長男のクラシコ7は東北大震災の被災地へ征く
イーの大将の長男(クラシコ7)が、あの東北大震災の地へ征きます。

第1回目は全国から移動販売のピッツェリアが大集合しました。ここをご覧ください。

今回は1300人の避難所へサルバトーレ・クオーモ氏が指揮を取り出向くそうです。
そこへ世界チャンプ・大西さんからピッツァ窯の出動要請が株式会社ギルドへきました~~!

それを聞いたイーのおっさんは即決!
10枚焼きのクラシコ7を出します。(太っ腹!)

そこで、裸のまま出すのも可哀想と言う事で、火入れ作業と並行して装飾作業に入りました。

さて、ここで困った問題が!
クラシコ7は正真正銘の新品だす。

よって、火入れしなあきまへん、ところが、そんな場所があらしません。
困ったイーは、株式会社ギルドのピッツァ窯指定搬入業者のアチハ株式会社に泣きつきました!

アチハ株式会社は株式会社ギルドが取り扱う「マリオ・アクント」を一手に引き受けてくれる
強力な協力会社。
ナポリからの運輸・通関・倉庫・搬入作業と多岐に渡ります。

そんな心強いアチハの社長様に事情を説明したところ、それならと広い敷地を持つ構内の一角を
火入れ場所に提供してくださりました。(ステキ~~)

で、安心したイーのおっさんは早速、あのシンガポールで宮村と同行した板金職人「村社 晃治」さんへ
銅板装飾の依頼をしたのです!(えらいことしよったで!)

その装飾作業がこれ
a0150573_18283071.jpg

シンガポールでのマリオアクント銅板全体張り、イーが名付けて「日本武者 大鎧兜」を
仕上げた職人だけあって、今回も力の入った作品になりました。

仕上がった銅板がこれ!
a0150573_18305112.jpg


そして、忙しい最中、無理を聞いてくれた宮村が煙突を!
a0150573_18314075.jpg


さぁ、後はイーの大将が「わてが火入れの最初をすんど~~」ゆうて勇んでやったのがこれ!
a0150573_18331976.jpg


私は言いました。「イーの大将!そんなんでけるんかぁ~~」と。

イー曰く「昔とった杵柄」ちゅうのん知らんのか~~ゆうてやりはりました!
a0150573_18355166.jpg

な、なんか、へっぴり腰のような・・・と思うのは私だけでしょうか???

まぁ、ゆうても彼はイタリアレストランを多店舗展開していた、いわば経験者!
窯も置いてはったので全くの素人ではあらしまへん。

この火入作業は6月5日まで続きす。
その後、タイル装飾と続きます。

しかし、イーの大将は明日26日から「憧れの天地ナポリ」へ出張。
火ぃの番できしまへん。

そこで立ちあがったのが大阪ピッツァイオーロ達なんです~~(パチパチパチ)
サルバトーレ・クオーモ梅田店の赤松さんと他のスタッフさん。
Va Boooのソニー
ゴロセッタの石崎さん
ガーブの藤原さん
ほんで、兄弟分のリッコの新添さん

その他、大勢の大阪ピッツァイオーロ達が時間を工面してアチハ株式会社まで出向き
火入れの作業を継続致します。

確かに被災地まで出向き炊き出しの応援をするのも崇高な行動です。
しかし、その縁の下の力持ちに、つまり陰の功労者なくして今回の炊き出しはありません。

つまり、目には見えぬ大勢の協力者があってこそ成しえる事なんだと痛感する今日この頃です。

この作業は順を追って紹介致します。

乞うご期待!!!!!

ナポリ娘の嫁入りラッシュは随時アップ致します。(よ~さん残ってまんねん!)



当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-05-25 18:52 | 活動報告
ナポリのピザ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その2 東大阪瓢箪山編
まだまだ続くナポリ娘の嫁入りラッシュ!!

さて、皆さん。(おなじみ浜村淳風)

今回は大阪府下を一望でける、すんばらしいロケーションからのレポートだす。

こんなええ場所、なかなかあらしません。ほんまぁ!
そら~もぉ、ぶっくりしまっせ!!!(キャッホ~~)

わて、大阪に生まれ育ち、幾星霜。
知らんとこ無い思てましたが・・・・・・
井の中の蛙でしたわぁ。

まぁ、百聞は一見に如かず。
ほれ、見ておくれやす!
a0150573_15122511.jpg

どないでっか!?絶景でっしゃろ!!!
写真中央あたりの高層ビル群がミナミですわ!

さて、ここからが本題!
今回の搬入は、以前の花のお江戸は麻布十番と同じく、非常に難工事が予想されます。

その店舗は小高い丘の上で、その前は急斜面な崖!
また、窯の搬入経路を確保するために、な、な、なんと!
あぜ道しか無かったのに、土木工事までして車が通れるまで拡張したんです~~~ぅ(キョェ~~)

その店舗はこれ
a0150573_16375922.jpg

土木工事の様子
a0150573_16415328.jpg

ほんま、半端やあらしまへん。
ここまでして窯を搬入するねんて・・・・・兜を脱ぎますわぁ。

窯を搬入する為の土木工事も終わり、いよいよ搬入本番を迎えた日。
思わぬ大問題が勃発!!!(ナニナニナニ??)

前日から続いた大雨で地面はかなりぬかるんでいました。
そこへ到着したのが大きいレッカー車(株式会社アチハ様)
ところが、タイヤが滑って店舗下の崖まで行けない!!!!!!

苦渋の決断を迫れたアチハの大将!
「今日は中止でんなぁ」と。

しかし、そこで喰い下がったのが、ここのオーナーピッツァイオーロ福田様。

「ちょっと、待っておくんなはれ!」と。
何が何でもとの気迫に、アチハの大将もタジタジ(汗)

そこで、アチハの大将も!
「よっしゃ、アチハの底力見せたろやないけ~~」と鼻息フンゴ~~ゆわしました。

鼻息はともかく、アチハの底力はすんばらしい、頼もしい!
そぐに手配されたのがこの機械、カニクレーン!!
a0150573_1781568.jpg


キャタピラーのカニクレーンはぬかるみも易々と登る!
さすがはアチハさん、この機動力はその会社のバックグランドがいかにスゴイかをうかがい知れますなぁ!

けんど!なんでこの機械がカニなのか!?これを見て初めて納得!
a0150573_17105467.jpg

何ということでしょ~~(劇的改造 前と後 風)
カニのように爪が四方に伸びるではあ~~りませんか?

そして、わがナポリ娘は難なく店舗まで吊りあげられたのです(ホッ)
a0150573_1720858.jpg


それからはいつもの如く、スライディングペーパーで定位置に鎮座したナポリ娘に煙突が施工されました。
固唾をのみ見守ったお店の方々もホッと一安心。
a0150573_17275817.jpg


それから幾日。
しっかり火入れされたコンボ3は装飾されました。
a0150573_17372174.jpg

ここで、今回のナポリ娘について少し触れておきましょう。
マリオ・アクントのコンボシリーズとは「日本初登場 ガズ火+薪」のタイプだす!
言いかえればコンボとは「ハイブリットエンジン」
窯の温度を上げる際はガス火と薪で一気に!
そしてピッツァを焼く際は薪だけで!!!

煤のよく出る炊き始めの際はガズ火の力で煤を完全燃焼!
よって、煤は少なくなる!

更には、注文と注文の間はガス火で保温!!!

クラシコシリーズのように薪だけのタイプに比べ薪の使用量は格段に経済的。

一石二鳥とはこの事。

エコを考えるなら今後はコンボタイプが主流になる予感が。。。。

さぁ、装飾もかっちょよく完了。
a0150573_1884063.jpg

そしてイーのおっさんも福田様ご夫婦と記念撮影!(イーは出んでもええのに 筆者談)
a0150573_18113133.jpg


最後に、
気象条件の悪さの中、プロ意識をもって最後まであきらめず作業を完遂してくださったアチハ株式会社の皆さま。本当にご苦労さまでした。心から感謝申し上げます。

この搬入を実現されるまで労をいとわず協力してくださったテニスコート・カラバッシュの坂口様や関係者様に御礼申し上げます。

また、色々な諸問題を一つひとつ解決され、晴れてオープンを迎えられた福田様。
本当にお世話になりました。

どうか、これからは大阪平野を見下ろす高台にあって、大阪ピッツァリアはここにあり!
と言えるお店にしてください。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-05-16 15:05 | 実証・ピザ窯設置現場
ナポリのピザ窯販売 ナポリ娘の嫁入りラッシュ 3連チャン その1 シンガポール編
南国~土佐~を後にして♪(古っ)

土佐やない、土佐やない!!

南国は南国でも、ここは亜熱帯のど真ん中、シンガポールでございます。

またまた、イーの大将の愛娘「マリオ・アクント クラシコ5」がシンガポールへと嫁ぎました。

搬入する地域は交通量が多いので夜間の搬入となりました。
待ちに待ったクラシコ5を出迎えたのは・・・・どこかで見たようなお方が!
a0150573_19151057.jpg

おおっ、誰かと思えば大阪は天満でパーラ振り倒していた「Va Booo」のけんの字やんけ~~!

「ううううっ! け、けんの字、元気やったか~!」とはイーのおっさんの台詞。
涙をながしながら懐かしがるイーのおっさん。

何故かと言えば、けんの字とイーは大の仲良し。
大阪のXXX当たりで夜な夜な悪さしてはった盆仲(賭博仲間)でした!

さて、イーの大将の感傷はほっといて話を続けましょう!

今回の現場は前回の経験を活かして、また、現場の環境もよくフォークリフトで難なく搬入できたみたいですね。
a0150573_19282392.jpg

けど、この天井の高さは半端やあらしません!
こんな店舗でのびのびと仕事したいもんでんなぁ~~
a0150573_19315879.jpg


さて、フォークリフトを使って搬入は無事完了したみたいでんなぁ(ホッ)
a0150573_1934290.jpg


さて、ここからが我らが「日本が世界に誇る板金職人 宮村浩樹」の登場です。

まづは煙突工事から!
a0150573_1940324.jpg

日本ではおなじみのアクアフィルターがシンガポールでも活躍ですわぁ♪
人が住むところでは「煤」は迷惑なもの。
どこのお国にいっても同じでんなぁ~!


さぁ~寄ってらっしゃい、見てらっしゃい!

いよいよ今世紀始まっていらいの妙技を篤とご覧あれ~~

今回の宮村の工事は煙突だけやあらしません。
なんと、窯全体を銅板で覆う、とんでもない贅沢な装飾。
それをやるちゅうねんから、畏れへっ込みますわぁ(ヘヘェ~ オダイカンサマ~)

まずは、窯に銅板を葺く前工程、割り付けを行います。
つまり、銅板を貼る位置を明確にする訳でんなぁ。
それが、これ。
a0150573_20242092.jpg

へてから、こないして順番に銅板をふいていきます。
a0150573_2025504.jpg

ここでいつもながらの余談。
実はこの銅板。本来、この様な施工には適していない銅板なんです。
通常なら0.35㎜の厚みを使用しますが、ここシンガポールでは0.5㎜の銅板しかなかった!

しかし、これぐらいで音を上げる宮村では無い。

宮村曰く「嘆くより、今、ここで出来る事をやるしかないやんけ~」(カッチョエ~)

通常より厚い鉄板をすべて手とハサミで裁断。
熟練の宮村でさえ手が痛くなったと・・・・・

しかし、結果、厚みのある重厚な装飾となったのです(パチパチパチ)

えらいもんでんなぁ~(オチカレ)

さぁ、その後を見てみましょう!
a0150573_21172678.jpg

ちゃくちゃくと進みます。
a0150573_21184131.jpg

も、もう一息で!


どないでっか!どないでっか!

見てやっておくんなはれ♪

「ううううううっ」とイーのおっさんは感極まり男泣き(アホチャウ)

どうか、この素晴らしい芸術作品をみておくんなはれ!

a0150573_2122986.jpg

a0150573_21222454.jpg


いや~~ほんま、ご苦労さまでございました。
職人の心意気ちゅうもんを、まざまざと見せつけられた感でんなぁ。

最後に。

今回のこの作品は宮村の力作として、長く語られることになるでしょう。

しかし、そんな彼は偉ぶることなく、今も淡々と仕事に励む毎日。
どうか、どうか、自愛しておくれやす。

ここで、この銅ぶき技術を少し振り返ってみましょう。

この作品に使われた技術は、古来からある日本の伝統技術。
神社仏閣の屋根に使われる技術を応用したものなんです。

彼、宮村浩樹は大工さんでいう宮大工の域にあります。
その工法を聞くと。

窯の前部分の横ぶきは「よこぶき」とも「まわしぶき」とも言うそう。
窯の上部(ドーム型の部分)は「縦平ぶき」
窯の周りは「縦ふき」とそれぞれ違った工法だそうです。

また、本来なら銅を固定するために、その土台となる所に穴をあけるのが通常。
しかし、窯にそんな事はできません。

そこで、彼の工夫というより、長年培った「知恵」とでも言うのでしょうか、
銅を固定するために「吊り子」ちゅうもんを窯に張り付け、そこへ銅板を固定いたそうです。
その画像がこれ。
a0150573_21363825.jpg

いずれにせよ、ここまでの施工を成し遂げる「技」に敬服するばかりです。

興奮冷めやらぬ私「ナポリピザ窯共同組合オフィシャルブログ」の著者、ローちゃんは最後にこの画像をアップして今回のシンガポール。名付けて「日本武者 大鎧兜」の記事を締めくくります。
(本邦初登場 このブログの著者 ローちゃんですぅ すんまへん。)

a0150573_21462415.jpg








当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-05-10 21:52 | 実証・ピザ窯設置現場
ピッツァ窯販売 大阪ピッツェリア紹介 天満
大阪は天満。。。ちゅうたら「ごちゃごちゃ」とした町並み。
所狭しと、世界中の有りと有らゆる料理店が軒を並べる。

そんな賑々しい界隈の中でも隠れ家的なピッツェリアがありまんねん。
知る人ぞ知る「ピッツェリア リッコ」

そこのプリモピッツァイオーロの新添さんとは、前回の被災地へ炊き出しに行った同志。

実はそのピッツェリアのメニューに、光栄にも「イーの大将」の名前がありまんねん。
その名も・・・・
a0150573_16543163.jpg

えらいもんでんなぁ、さすがわ浪速!
こんなベタベタなメニュー名でも「これなんでんねん!?」と注文があるらしい!!!!

ほんで、出てきたピッツァがこれ!
a0150573_16571770.jpg

マリナーラにアンチョビを加えたしろもん。

これを機にマリナーラがよう注文されるようになったと新添さん。

イーのおっさんでも世の為になりまんねんなぁ・・・・

けんど、実際のイーを見たらお客さん何ていいはるやろ????

追伸

東北大震災より更新をストップしていた当ブログも今後はにぎやかに再開致します。

ナポリ旅やナポリ娘の嫁入りラッシュやピッツェリア紹介や秘密の計画の一部など。
盛りだくさんで行きまっせ、とイーが息巻いております。ハイ。

当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-05-06 17:10 | ナポリピッツァ
東北地方太平洋沖巨大地震 被災地に支援に征くピッツァイオーロ達
名古屋はチェザリの牧島さんの呼びかけで!
東日本巨大地震の被災地へ全国の若きピッツァイオーロ達はピッツァの炊き出しに出かけました。
私も神戸淡路大震災の時と同様、居ても立ってもいられず、いざ被災地へ。

大阪からの参加は私を含め3名
イー、天満はリッコの新添さん、甲子園はダ・リキーノの藤坂さん。

我々は相談の結果、被災地へは空路で。
伊丹⇒山形⇒被災地へ。

私と藤坂さんは前日から山形入り。
山形駅からホテルへと徒歩で移動中に、突然大きな揺れが・・・・・!
足元から伝わるあの衝撃!!!
まるで我々の支援活動を阻むようにそれから何度も地震がありました。

その翌日。
朝の飛行機でついた新添さんを迎えて早速被災地へ。
既に他のピッツァイオーロ達は到着しており、ピッツァ窯の温度も十分上がっていました。

今回の炊き出しは移動式ピッツェリアで4台が勢ぞろい!すぐに長蛇の列が並びました。
a0150573_17155667.jpg


さて、その様子を順を追って紹介しましょう。
OTTOさんの車には、大西氏、青木氏、牧島氏の3巨頭がピッツァを焼いていました。
a0150573_17193340.jpg


参加された移動式ピッツェリアは
a0150573_17284892.jpg

a0150573_1729221.jpg

a0150573_17291422.jpg

a0150573_17292965.jpg


あっという間に6~700枚のピッツァを焼き上げました。

皆で記念撮影
a0150573_17314264.jpg


そして、休む間もなく次なる被災地へ移動しました。
そこは、ボランティアセンターで被災地の一日も早い復興を願う縁の下の力持ちの拠点。
そこへ慰労を兼ねたピッツァの炊き出し。

自身の事より被災地へ無償の奉仕をする方々に頭が下がる思いです。
a0150573_17364280.jpg


大阪から参戦したダ・リキーノのしんちゃんも、皆に負けじと奮闘しました。
a0150573_17373789.jpg


最後のピッツァを焼き上げる世界チャンプ大西氏。
OTTOさんのピッツァ窯に5枚のピッツァを一度に焼成しています!!
a0150573_17401078.jpg


黄昏せまる中、戦い終えた若きピッツァイオーロ達は黙々と後片付け。
a0150573_17414987.jpg


最後には現地のボランティアの方々と記念撮影。
a0150573_17431760.jpg


編集後記

被災地の現状は、言葉では尽くせない悲惨な状況に、誰もが言葉を失った。
そんな地獄絵そのもの中、復興に尽力するボランティアの皆さん。
被災された方々の姿。

私ひとりの力では到底及ばない被災状況。
でも、一人の人間として、なにか出来る事を、と思い参加しました。

この被災地支援に駆けつけたピッツァイオーロの方々は前日まで仕事。
そして、不眠不休でここ仙台まで来られた。
疲れた顔ひとつ見せずに、元気いっぱい被災された方々を励まされていた。

その高貴なまでの姿に胸を熱くしたのは私一人ではないでしょう。

牧島氏曰く、復興までは長期戦。
今回限りではなく、どう支援えを継続するのかが課題だと。
まったく同感である。

今後もナポリピザ窯共同組合として何ができるかを真剣に模索し行動に移していきたい。

最後に、被災された方々の一日も早い復興を祈ると共に、
最前線で頑張っておられる支援者の方々の労をねぎらいたい。

そして、今回参加されたピッツァイオーロ達へ最大の感謝とお礼を申し上げます。

※総数1300枚のピッツァを提供しました。
 イーはひたすらピッツァをカットしました。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-04-13 18:00 | 活動報告
未曾有の巨大地震、東北地方太平洋沖地震に思う
約17年前、あの忘れる事が出来ない阪神・淡路大震災。
午前6時前。

「ゴゴゴォ~」という地唸りで、ハッと目が覚めたその瞬間!

「ドドドドッ~~」と突き上げるような衝撃が襲う!!!

立とうとするが立てない!

恐る恐るカーテンを開け外を見たが何事もなかったように静まりかえっている。

しかし、その後のテレビで目を覆うような惨劇が映し出されていた・・・・神戸。

私が住む大阪市此花区から30キロほどの距離。

それから約15日が経って、居ても立っても居られず、神戸へ連絡してパスタの炊き出しに!

現地入りして・・・言葉を失う。

そして今回の未曾有の大惨事。

名古屋の牧島さんと共に仙台に行き、微力ながら被災地の皆さまへ応援にまいります。
私自身、ピザは焼けませんが雑用なり、兎にも角にも縁の下の力持ちに徹して頑張る所存です。

最後に、被災された方々へ1日も早い復興をお祈り申し上げます。





当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-04-04 20:03 | 活動報告
東北地方太平洋沖地震被害地へのお見舞い
イーと宮、二人でイタリア・ローマへの視察中、今回の通訳の労をとってくださった庸子さんから地震の知らせがはいりました。
阪神淡路大地震を思い起こすその報告に耳を疑いました。
ホテルに帰り、早速、被災地の青森・福島のお客様に連絡をとりましたが不通。
本当に心配でなりません。
ただただ、無事をお祈りしております。

私たちの帰る飛行機もスケジュール通りか、関係各所に問い合わせた結果、通常運行する予定だそうです。

いずれに致しましても、帰国後、災害地の皆様へは早急に対応しますので、連絡手段が復旧した際には遠慮なく連絡お願いいたします。

つきましては、東北地方太平洋沖地震被害で被災された方々への配慮から、ナポリのブログ更新は自粛いたします。

帰国後、検討の上再開いたします。




当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-03-12 17:49 | 活動報告
憧れの天地 マリオ・アクント社訪問の旅 初日
a0150573_13552636.jpg


ナポリピザ窯共同組合・ご一党さんは、いよいよ空の人となりました。
ここでいつも問題になるのが長い飛行時間をどう苦痛なくすごすか!!

いつもならイーの大将はビールやワインをガブ飲み。
へてから映画の1本でも見て、後はお友達のお医者(ヤブ)からもらった睡眠薬で気絶!

CA 「大将、大阪の大将、起きておくんなはれ、もう着いてまっせ!」
と、CAに揺り起こされ

イー 「え~?ここどこ?、ほんで、あんた誰~?」と、寝ぼけ眼であります。

それが今回は違った様子。
この画像を見る限り、天空でのお食事を楽しんでた見たいでんなぁ♪
a0150573_14312669.jpg

ところで、イーの大将、その席狭ない!?
子供席でっか? 腹つかえてまっせ(デブ!)

なぜ上機嫌かちゅうたら、ドアサイドの席を段取りしてもうて、「席の前がひろい~」ゆうて足バタバタして喜ぶ浪速のおっさんでした。

さて、飛行機は極めて安定しローマ⇒ナポリと。

よかった、よかったとお二人さんは出口ゲートへと向かうのでありました、が!

イタリアの税関の大将 「あんさんら、ちょっとこっちおいてぇ」

わてら 「え~なんぞ、ご用でっか? わてら先急いでまんねん(怒)」

イタリア大将 「あかん、その袋の中、なんでんねん」と。

結局、二人が持っていた関空で買うた袋の中のタバコにおとがめを言われ、
タバコの2カートンを一時預かりされました(涙)

イーのおっさんはまるで「ふぐ」のように膨れっ面で「ぶ~~~」言いながら、
サルバトーレ・アクントが待つゲートへとプンプンしながら急ぎ足。

満面の笑みで迎えるサルバの若旦さんにイーのおっさんもいっぺんに機嫌を直し、
迎えの労をねぎらうべく「えらい、すんまへんなぁ、若旦さん」を連発♪

ホテルに到着後、部屋でサルバの若旦さんに土産を渡す宮村。
なんと「本物の日本刀」(実はサルバの若旦さんは大の日本贔屓)

その喜ぶというより、驚きの姿を表現する言葉もありまへん。

翌日の打ち合わせはそこそこに、サルバの若旦さんは刀をベルトにさし、
颯爽と部屋を後にするのでありました。。。。。
(好きなサムライになったつもりで、トォ~~とかゆうて刀振り回しながら!!)

「しらんでぇ、捕まっても!?」

さて、長旅の疲れもあってぐっすり休んだご一党さんを迎えたのは、
ここ3~4日、悪天候であった天候は、ご一党さんを暖かく迎えるが如くの晴天(キャッホ~~♪)

そこで、今回もナポリピザ窯共同組合さんの定宿をご紹介
a0150573_15234459.jpg

ご覧の様にナポリ湾を見守る如く堂々たるベスビオ火山。
それを包み込む朝もや(霧)が一層引き立ててました。
まさに恍惚たる風景かそこに。

イー 「わてらの訪問をナポリが歓迎してくれてるんやぁ」と。

さぁ、本日からスカタン二人の「ナポリでの大仕事」が待っています。

スカタンするのは火を見るより明らかなお二人さんですが、
どうか、どうか、ナポリピザ窯協同組合の使命を果たすべく大仕事をしておくんなはれ!!

つづく。


当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | # by sig_echan | 2011-03-10 15:36 | ナポリ
| ページトップ |
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin