Top
ナポリへの仕入れ旅 ピザ窯販売 マリオ・アクント その7
【ナポリ3日目 旅を終えて】

これで、我々ナポリピザ窯協同組合のナポリ仕入れ旅は終わりを迎えました。

本日、カプリ⇒ナポリぶらぶら⇒ホテル、と十分に満喫したおっさん二人。
疲れもあって本日のディナーはホテルでゆっくり。

旅の最後を荘厳にするかのような月光がナポリ湾に浮かぶ。
a0150573_95155.jpg


ここで少し今回の旅を振り返ってみよう。
時間的な制約や少ない日程の中、中身の濃い旅になったと思う。

①「マリオ・アクント社」との正式日本総代理店の調印を決定(株式会社ギルドと有限会社宮村工作所の看板をアクント社へ設置)
②「ナポリ板金街 ルア・カタナーラ」との技術提携の促進
③「ミキサーメーカー MECNOSUD社」との取引開始

その中で、ナポリのピッツェリア訪問が少し物足りない感がある。
そこで、今回訪問したピッツェリアの画像を紹介します。

a0150573_101361.jpg

a0150573_1012295.jpg

a0150573_1013853.jpg

a0150573_1015536.jpg

a0150573_1055967.jpg


ご覧のようにタイルで装飾される窯が主流。
また、2基の窯を持つ店舗も少なくない。
更には、店内の煙突を銅で装飾しているのも興味あるところ。

偶然にも旅の途中でニューヨークからサルバトーレ・アクントに「素敵」な写真が届いた。
見事な装飾を施された「マリオ・アクント クラシコ7」

さすがはニューヨークちゅう感じがします。
その画像がこれ。
a0150573_10313844.jpg

a0150573_10315942.jpg

煙突部分までタイルで装飾。
写真では分かりにくいですが、タイルは楕円形で貝殻細工のように虹色に輝きます。
それをびっしりと貼っています。

バックカラーとの愛称もいいじゃないですか!!!

窯一つとってもそのお店の個性が出ますね。

さて、今回は株式会社ギルドの役員でもありる宮村工作所の宮村浩樹との仕入れ旅。
宮村の2日目のアクシデントもありましたがなんとか無事に終えました。

今後はこのナポリに出先機関を設けて更なる発展を考えています。
その目的は、日本でピッツェリアを出店する方々に如何に貢献できるか・・・です。

なるべく大量発注で価格を下げ、安心してお店探し、店舗構築を支援できる組織を目指します。
どうか、これからも宜しくお願い致します。

追伸
ナポリピザ窯協同組合のシュールームは神戸から大阪南港へ移転します。
オープン時も月~土曜日までと拡張しました。

展示商品は クラシコ2~7、コンボ3、ミキサー、木製挿入パラ、宮村工作所の煙突(模擬)の数々(亜鉛、ステン、銅)、煙突関連パーツ、アクアフィルターと充実させていきます。

見学をお待ち申し上げます。(開催予定 9月下旬より)




当ブログ記事に関するお問合せは 株式会社 ギルド 06-6373-7228 までお気軽にお電話ください。

a0150573_1354041.gif宮村浩樹のオフィシャルサイトはコチラ
[PR]
Top▲ | by sig_echan | 2010-08-10 10:48 | ナポリ
<< マリオ・アクント設置店紹介 ピ... | ページトップ | ナポリへの仕入れ旅 ピザ窯販売... >>
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin